テザー社、7日で“1億5000万ドル”相当のUSDTを発行|ビットコイン価格に関連か

テザー社、7日で“1億5000万ドル”相当のUSDTを発行|ビットコイン価格に関連か

ビットコインをはじめとする仮想通貨市場は現在、2017年末の仮想通貨バブルを彷彿させる上昇を見せており、BTC価格は日本円のトレンドラインである100万円に到達し、その価格を維持している状況である。

最近のビットコインなどの仮想通貨市場が好調な背景には、フェイスブックの独自通貨の噂やビットコイン先物取引の取引量増加など、様々な要因が考えられているが、ある問題のプロジェクトが関わっている可能性がある。

そして今回、ビットコインの価格に影響すると言われているテザー社のステーブルコインUSDTが、最近の1週間で「1億5000万ドル」相当のUSDTが発行されたことが判明したのである。

しかしこれに対してテザー社のCTOであるPaolo Ardoino氏は「USDTは承認されただけであり、市場には流通していません。これらのテザーは将来の発行要求を満たすために使用される財務財布で作成された。」と説明している。


テザー社が発行するUSDTは最近、裏付け資金である米ドルが実在していなかったことが明らかとなっており、信用性が薄れてきている状況である。

テザー(USDT)米ドル裏付けが100%ではなく、74%だったことが明らかに

2019.05.01

ビットコイン価格とTether時価総額の関係性

Twitterの感慨インフルエンサーである「fil$fil$」はこれまでのビットコインとテザー社のUSDTについて、USDTの時価総額とビットコイン価格が比例しているのではないかという内容の画像を自身の公式ツイッターにてつぶやいた。


上記の画像でも分かるように、ビットコインが上昇を引き起こす直前に、テザーのUSDTの時価総額が上昇。それも偶然起きたものとは考えにくく、なんども同じような傾向が見られている。

また、それと反対にビットコインが下落する直前にもUSDTの時価総額は、それに比例して下落。しかし、これについては具体的な根拠はなくビットコインとの関係性は依然としてわからない状況が続いている。

テザー社のUSDTへの疑惑は最近からではなく、2017年の仮想通貨バブルもテザー社および、テザー社とCEOが同じである取引所Bitfinex(ビットフィネックス)が価格操作したのではないかと疑われており、今回の再びテザー社の大量発行で疑惑の目が増えてきている。

 

ビットコイン価格の上昇が、テザー社USDTの時価総額と関係するのか?

2019.06.12

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。