フェイスブック、独自の仮想通貨を発表|Libraはステーブルコインのペイメント通貨に

フェイスブック、独自の仮想通貨を発表|Libraはステーブルコインのペイメント通貨に

世界的なSNSを提供するfacebook(フェイスブック)は18日、VISA、Mastercard、PayPal、Uberなどを含む27社と共同で、2020年上半期までに仮想通貨を発行すると発表した。

今回、「The Libra Association」と題して発表された内容では、仮想通貨の名称を「Libra」という決定でプロジェクトが進められるようであり、スイスのジュネーブに設立した「Libra協会」という団体で運営および、通貨の管理が行われるようだ。

基本的なベースとなる技術には仮想通貨で使用されている「ブロックチェーン技術」が使用され、リブラを使用するユーザーは自身が保有するスマートフォンのアプリケーションを使用して利用するようである。

また現時点で、フェイスブックが提供しているメッセージアプリである「メッセンジャー」や「WhatApp」にて、国内はもちろん海外送金まで迅速かつ、簡単に操作・送金ができるようになるという。

そして、リブラの機能としては主に送金通貨として使用されるため、法定通貨と1:1でペグされているステーブルコインとして発行。そのためには裏付け資金として100%の準備金が必要となり、準備金は銀行預金および、短期政府債で保有される。

冒頭でも説明したように設立メンバーとしてVISA、Mastercard、PayPal、Uberなどを含む27社と共同で開始することが発表されたが、今後、参加企業・パートナーを増やすことを明言しており、参加するためには最低でも「1,000万ドル(約10億8,000万円)の出資が必要になるという。

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。