ブロックチェーンエンジニアに期待感|大和ネクスト銀行の意識調査

ブロックチェーンエンジニアに期待感|大和ネクスト銀行の意識調査

ブロックチェーンエンジニアは、重宝される存在となるのか。

大和証券グループの株式会社大和ネクスト銀行が行った意識調査では、「10年後に平均給与が最も高くなっている職業」の第4位にブロックチェーンエンジニアが選ばれているようだ。それより上位には、「リモート医療ドクター」「ロボットクリエイター」「YouTuber」などが挙げられている。

この意識調査は、全国の20歳~69歳の男女1000人を対象に行われたようだ。最近、さらなる技術発展が期待されている人口知能(AI)分野では、ロボット産業に期待が寄せられている様子が伺える。

ブロックチェーン技術については、「人材育成」という側面を教育機関がどのようにバックアップしていくのかも重要となってくるだろう。

アメリカでは、いくつかの有名大学が「ブロックチェーン技術の学習」に特化した学部・学科が設立するなどして、次世代の社会で活躍する人材育成を行う動きがある。また、ブロックチェーン技術に対して、学生の学習意欲も高いようだ。

日本では、こうした大掛かりな動きはあまり話題とならない。

現在、企業の時価総額ランキングでは、MicrosoftやApple、Amazon.comなど上位のほとんどはアメリカの企業で、Alibaba Group HoldingやTencent Holdingsなど中国の企業も上位にランクインしている。さらに上位にランクインしている企業のほとんどはIT企業だ。

一方、日本からはトヨタ自動車が45位にランクインしているが、このランキングだけで考えた場合、あまり好成績とは言えない。ITという分野で、日本は中国やアメリカに後れをとっている感は否めないだろう。

新たな技術として、その注目を一気に集めたブロックチェーン技術。その開発が盛んに行われているのはやはり ”海外” だ。新たな技術とどう向き合うか。次世代の社会で活躍できる人材をどう育成するか。今一度、しっかりと考える必要があるのかもしれない。

ブロックチェーンエンジニアが仮想通貨市場の未来を握る理由とは?

2018.10.28
この記事のURLをコピーする