スイス銀行、仮想通貨を法定通貨に交換可能な独自ウォレットを発表

スイス銀行、仮想通貨を法定通貨に交換可能な独自ウォレットを発表

2017年7月にFINMA(スイスの金融規制機関)からブロックチェーン上で資産管理を行うライセンスを取得しているファルコン・プライベート銀行において仮想通貨を法定通貨に交換して出金が可能な独自ウォレットを発表した。

法定通貨へ交換が可能な仮想通貨は全4種となっており、以下のメジャーな仮想通貨が名を連ねている。

  • BTC(ビットコイン)
  • BCH(ビットコインキャッシュ)
  • ETH(イーサリアム)
  • LTC(ライトコイン)

ファルコン・プライベート銀行では、一般投資家と機関投資家のウォレットによる仮想通貨送金サービスやオンライン銀行の専用窓口からの取引注文といった様々なサービスを提供しており、課銀行における仮想通貨ウォレットの先駆けになる可能性を秘めている。

また税金申告面でも考慮されており、仮想通貨=デジタル資産は税金申告の際に自動的にポートフォリオ書類に含まれるといったサービスも実施し、銀行における仮想通貨管理を徹底する予定だ。

仮想通貨と法定通貨をどの様に扱うのかや技術的にどう扱うのかといった部分は今後加速を見せると予想され、仮想通貨への需要が高まって来れば仮想通貨から法定通貨への交換手段が広まっていくと予想される。

この記事のURLをコピーする