dAppsやソーシャルAppを提供するLOOM|SDKを利用したRPGゲーム「coins&steel」を発表

ゲームやソーシャルアプリのブロックチェーンエコシステムを提供をするLoom Network(LOOM)は、同プラットフォームのsoftware development kit(SDK)使用して新たに開発したゲーム「coins&steel」を発表した。

Loom Networkによって新たに開発されたゲームcoins&steel(コインズ・アンド・スティール)は広大なゲームの世界でリアルタイムで対戦を楽しむことができるファンタジーロールプレイングゲームで、同時に多数のプレイヤーと協力したり対戦したりすることができるゲームになっているという。

coins&steelは、すでにリリースされている人気MMORPG(マッシブリー・マルチプレイヤー・オンライン・ロールプレイングゲーム)RuneScape(ルーン・スケープ)とよく似た本格的なブロックチェーンロールプレイングゲームとなっており、ゲームを楽しみながらブロックチェーン技術について学ぶこともできる。

https://twitter.com/loomnetwork/status/1064848013745692672

coins&steelの特徴
  • アイテムを作成
  • PvP(対人対戦)
  • PvE(コンピューター対戦)
  • キャラクターカスタマイ

従来のロールプレイングゲームと同じように、ゲーム内で得た知識を使い装備品などのアイテムを作成したり、PvP(対人対戦)やPvE(コンピューター対戦)で経験値を稼ぎレベルアップ。

また、鍛治師や魔法使いなど他にも職業を選びキャラクターをカスタマイズすることもできるという。

【coins&steel】で使用できるトークン仕様

coins&steelのゲーム内で使用されるトークンは、ERC-20をベースにしたSTEEL(STL)となっている。STLはcoins&steelの中で獲得することができ、Ethereum(ETH)や現金といつでも交換することができる。

また、coins&steel内で獲得した装備品を作る為の素材やアイテム、ペットはERC-721やERC-20トークンとのレバレッジとなっているという。これらの全ては、coins&steelのマーケットにて交換や売買することが可能。

さらにcoins$steelにあるペットシステムではCryptoKitties(クリプトキティーズ)で育成した猫をcoins&steelに移すことができるという。移行された猫は同じデータを持っているが、coins&steel用に見た目が変化し戦闘能力を持つことになるという。このようなケースはCryptoKittiesでは初のケースとなる。

coins&steelを開発したLOOMとdapps市場について

coins&steelは、UI(ユーザーインターフェース)やUX(ユーザーエクスペリエンス)、セキュリティ向上の為にLoom Networkへの移行を決定した。これにより、ゲームロジックがオンチェーンとなりDappsチェーンとレバレッジされ、トランザクションが即時に可能となり、ゲームプレイが改善された。

LOOMの時価総額は記事作成時点で約2870万ドルとなっており、仮想通貨ランキングで109位にランクインしている。

最近に始まったことではないが、e-sportsやゲーム業界での仮想通貨の導入やブロックチェーン技術の導入などが一般的になっている。

現在、世界中で大人気のゲームFortniteがデジタルマネーを採用している他、現在開発中であるブロックチェーンゲームPlague Huntersがソニーのプロセスレビューに合格しプレイステーションで初めてのブロックチェーン搭載のゲームになる可能性があるなど、今後のゲーム業界と仮想通貨、ブロックチェーン技術の動向には期待して注目していきたいところである。

ブロックチェーンゲームがついにPS4へ進出!「Plague Hunters」とはどんなゲーム?

2018.11.21

アメリカのティーンエイジャーは、現金よりもフォートナイトのデジタル通貨「V-BUCKS」が欲しい

2018.11.19
この記事のURLをコピーする