コインチェックがイーサリアム(ETH)、ネム(XEM)、リスク(LSK)の入金・購入サービスを再開

国内取引所Coincheck(コインチェック)が、一部仮想通貨(ETH・XEM・LSK)の入金・購入サービスの再開を発表。

BTC・BCH・LTC・ETCに続き3通貨の入金・購入が可能に

 

 

以下、公式発表より引用。

コインチェック株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:勝屋敏彦、以下当社)は、2018年10月30日に新規口座開設ならびに一部仮想通貨の入金・購入を再開いたしましたが、今般、ETH・XEM・LSKについても、外部専門家による協力を受け技術的な安全性の確認が完了いたしましたので、2018年11月12日より、当該仮想通貨の入金・購入を再開いたしましたことをお知らせいたします。

2018年11月12日より再開するサービス

一部仮想通貨の入金

入金再開対象となる仮想通貨:ETHXEMLSK

一部仮想通貨の購入

購入再開対象となる仮想通貨:ETHXEMLSK
※本件は入金・購入に関する再開のご案内です。出金・売却は、全ての取扱通貨についてご利用いただくことが可能です。

この度の再開に伴う注意事項

この度の再開に伴い、全てのお客様に、通貨の入金の際は入金アドレスを再発行していただく必要がございます。「コインを受け取る」画面より「アドレスを作成」を押下し、新しく入金アドレスを発行していただきますようお願い申し上げます。
旧入金アドレス、もしくは異なる仮想通貨の入金アドレスに送金された場合、残高への反映や仮想通貨の返還は致しかねますので、ご留意くださいますようお願い申し上げます。
アクセス増加により、一時的にサービスや問い合わせ窓口等に繋がりにくくなる可能性がございます。
取引量が急増した場合、急激な価格変動が生じた場合、また現時点で判明していない問題が確認された場合等、当社の判断により予告なく一時的に売買を停止することがあります。
現時点で判明していない問題等が確認された場合、予告なく再開を見合わせることがあります。

ご利用いただけるサービス・機能(2018年11月12日時点)

現在「Coincheck」サービスにおける以下の機能をご利用いただくことが可能です。

新規口座開設(国内居住のお客様)
仮想通貨の入金、購入(BTC・ETC・LTC・BCH・ETH・XEM・LSK)
仮想通貨の出金、売却(全取扱仮想通貨対象)
日本円の入金、出金
レバレッジ取引における決済、証拠金の入出金
(レバレッジ取引でポジションを保有されているお客様は、引き続き決済取引および証拠金の振替入出金が可能です。新規の取引は引き続き停止中となりますのでご注意ください。)
Coincheck貸仮想通貨サービス(全取扱仮想通貨対象)

再開準備中のサービス・機能(2018年11月12日時点)

現在停止中の以下サービスにつきましても、引き続き安全性の確認を行い、準備が整い次第、順次再開してまいります。

仮想通貨の入金、購入(XRP・FCT)
レバレッジ新規建取引
アフィリエイト
日本円コンビニ入金
日本円クイック入金(Pay-easy)
Coincheck Payment
Coincheckでんき

「特定非営利活動法人日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)」へ加入いたしました
当社は、2018年11月1日付で特定非営利活動法人日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)に加入いたしました。日本におけるセキュリティに関わる企業や団体が参加し、セキュリティの専門家が多数集まる同協会に加入することで、当社は今後もセキュリティにおける課題解決やオペレーションのレベルアップに積極的に務めてまいります。

※記載されている日時は全て日本時間です。

 

コインチェックの歩み、残すはXRP・FCTのみに

記憶に新しい2018年1月26日の仮想通貨NEMのハッキング事件の影響から当時国内最大手取引所であったCoincheckは業務改善命令を受け、ほとんどのサービスを停止していた。

7月27日には大手証券会社マネックスの傘下に入り、経営体制を一新。更には金融庁のホワイトリスト入りできなかった匿名通貨3種(ZEC・XMR・DASH)を上場廃止するなど、業務の完全なる再開に向けて少しずつ準備が整いつつある。

*コインチェックより引用

コインチェックは10月30日に新規口座開設を再開。日を同じくしてビットコイン(BTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)、ライトコイン(LTC)、イーサリアムクラシック(ETC)の入金・購入サービスを再開した。

コインチェックが新規口座開設の受付を再開

2018.10.30

そして11月12日、イーサリアム(ETH)・ネム(XEM)・リスク(LSK)についても、外部専門家による協力を受け技術的な安全性の確認が完了したことで取り扱いが再開された。

残すは上場廃止が決定したジーキャッシュ(ZEC)、モネロ(XMR)、ダッシュ(DASH)を除き、リップル(XRP)、ファクトム(FCT)のみとなった。

昨年の仮想通貨ブームを牽引したコインチェックの完全復活が間近に迫っている。

【仮想通貨取引所】Coincheckの特徴・詳細

2018.03.17

『CoinCheck』が26日、5億2000万NEM(約580億円)が不正に引き出された:人類史上最高額の盗難事件

2018.01.27

マネックスグループがコインチェックの完全子会社化を公式発表!

2018.04.06

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

keisuke horiguchi

数々の仮想通貨事業、ICOプロジェクトに携わる。 2014年から仮想通貨投資をスタート。 データ分析、市場調査、書籍、記事、技術分析と豊富な経験に基づいた独自の視点から仮想通貨マーケットを分析するアナリスト。