Factom(ファクトム)について

Factom(ファクトム)の概要

Factom(ファクトム)は、2015年に公開された仮想通貨です。正確にはFactomはプラットフォームの名称で

利用するために必要なのがFactoidという仮想通貨になります。

Factom(ファクトム)はブロックチェーン上に記録や書類に記録して

分散的に管理できる仕組みのことを言います。

ブロックチェーンによって分散管理することで安全性の高い管理が可能になります。

表示される通貨名は(FCT)と言います。

Factom(ファクトム)の特徴

Factom(ファクトム)はエントリーブロックとディレクトリブロックという分散型データベースと

ビットコインのブロックチェーンによって構成されています。

データをファクトムに記録すると暗号化されてエントリーブロックに格納され

ディレクトリブロックでカテゴリー化されます。

そしてそれを一つの取引情報としてビットコインのブロックチェーン上に

記録するという仕組みです。

Factoidの役割

FactoidはFactomを利用するために必要な仮想通貨になりますが、

正確にはEntry Credit(エントリークレジット)というものに変換する必要があります。

Entry CreditからFactoidに変換することはできません。もちろんほかの仮想通貨との交換もできません。

Entry CreditはFactomを利用するためだけに存在します。

Factoidは取引所で購入することができます。

Factom(ファクトム)を扱う取引所

Factom(ファクトム)はcoincheck(コインチェック)、Poloniex(ポロ二エックス)などの

取引所から気軽に購入することが可能です。

Factom(ファクトム)の今後

Factom(ファクトム)はMicrosoftや著名な会社ともたくさん連携しており、

将来性が期待される仮想通貨です。現在の記録や書類管理の方法はコストと手間がかかり、

Factomの仕組みに置き換えられることが期待できます。

Factomの現実的な利用用途が広がっていくことでますます仮想通貨自体の価値も高まる可能性があるでしょう。

 

 

 

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。