Huobiが4種類のステーブルコインから好きな銘柄を選んで出金できる方式を発表

19日、シンガポールに本社を構えるHuobi GlobalHUSDという新しい方式を発表した。

HUSDを使用するとHuobiがサポートしているパクサスのPAX、トラストトークンのTUSD、サークルのUSDC、ジェミニのGUSD4種類の仮想通貨の中から、自分の好きな銘柄を選んで出金することが可能になる。

これら4銘柄のように、特定の法定通貨と関連付けられた仮想通貨のことをステーブルコインという。

通常複数の仮想通貨を取り扱う仮想通貨取引所では、それぞれの銘柄を個別に管理している。例えば10PAXを入金していた場合、取引などの行為を挟まない限り10PAXで保管され続け、出金時も10PAX以外の形を選ぶことは出来ない。

今回のHoubiの発表した方式を用いると、10PAXで入金していた場合でも取引などを行うことなく、10TUSD10USDCで出金が可能となる。

ただし取引所が十分なステーブルコインを保管していることが、今回Houbiの発表した方式を問題なく運用するための条件となる。Houbiの最高執行責任者であるRobin Zhuは、取引所の保有するステーブルコインの数量が潜在的に不足する可能性を予想した。

このような状況に陥った場合、ステーブルコインを発行者から買い戻すと同氏は語っている。

この記事のURLをコピーする