【7月6日開催】日中韓ブロックチェーン企業共同主催『OSAKA Blockchain GameShow 2019』

【7月6日開催】日中韓ブロックチェーン企業共同主催『OSAKA Blockchain GameShow 2019』

中国最大の仮想通貨・ブロックチェーンメディア「金色財経(jinse.com)」「cointime(cointaime.com)」、大手仮想通貨取引所「Bitforex」、中国大手ブロックチェーンファンド「NodeCapital」、大手韓国メディア「CoinIN(coinin.pro)」そして日本仮想通貨メディア「NEXT MONEY(nextmoney.jp)」「Zenizm(zenism.jp)」の7社共同主催によるミートアップ『OSAKA Blockchain Game Show 2019』を2019年7月6日に開催することが決定しました。

イベント詳細

『OSAKA Blockchain Game Show 2019』

■開催日時:2019年7月6日(土)13時〜19時(開場:12:30)
■会場  :アットビジネスセンターPREMIUM新大阪905(バンケットルームA)
■所在地 :〒532-0011 大阪府大阪市淀川区西中島5-14-10新大阪トヨタビル9F
■共催  :NEXT MONEY、Zenism、金色財経、cointime、CoinIN、NodeCapital、Bitforex
■参加費用:一般参加者無料

Osaka Blockchain Game Show 2019

今回、日中韓仮想通貨メディアが共同でお送りするイベントの内容は「ブロックチェーンゲーム」です。

ブロックチェーンゲームは「Dapps(分散型アプリケーション)ゲーム」とも言われ、ブロックチェーンおよび暗号通貨(トークン)を利用した新しいゲームの形です。

これまでのゲームやアプリでは、いくらプレイをしてもサービスが終了してしまえばこれまでに積み上げてきた実績・アイテム・キャラクターは全て消えてしまいますが、ブロックチェーンゲームでは手に入れたものは全て自らの資産(トークン)として残ります。

現在はまだ発展途上の分野ですが、日本でも徐々に開発が進んでおり着実に注目を集めてきています。

ゲーム市場は日々拡大を続けており、家庭用ゲーム機器の巻き返し、PCゲームの普及、スマートフォンアプリの活況、アジア競技大会の正式種目となったe-sportsなどにより、更なる市場の拡大が見込まれ、世界全体のゲーム市場規模は15兆円を超えると見込まれています。

そんな中生まれたブロックチェーンゲームは通常のゲーム性に加え、資産性をもたらすという新たな価値を構築することで今後の暗号通貨市場を牽引するでしょう。

今回のイベントはこのような可能性を秘めたブロックチェーンを世に啓蒙することを目的としています。

日本ブロックチェーンゲームを代表する「くりぷ豚」や「クリプトダービー」などをゲストとして迎え、実際にブロックチェーンゲームを楽しんで頂くことで、今後の暗号通貨市場の可能性を参加者の方々が間近で感じて頂く場を提供いたします。

イベント詳細

OSAKA Blockchain Game Show 2019』では、ご来場の皆様にブロックチェーン育成型レースゲーム「くりぷ豚」「クリプトダービー」を実際に体験していただきます。

従来のミートアップやカンファレンスでは、ブロックチェーンゲームプロジェクトが登壇している場合でも、その場で実際に体験するという機会が無く「ゲームの魅力」が伝わりづらいという面がありました。特にゲームの場合は実際に体験してもらう事が、最もそのゲームの魅力を伝えられる方法だと考えます。

今回は日中韓3カ国のブロックチェーンメディアが中心となり、デジタルデータに資産性をもたせるという側面に着目した新たなゲーム体験をしていただきます。

イーサリアムで遊べるレースゲーム「くりぷ豚」

「くりぷ豚(トン)」は、日本発のブロックチェーンゲーム(Dapps)です。

ブタのような姿をした不思議な生き物「くりぷトン」を育成し、他のオーナーとレースで競わせる事が出来ます。さらにお見合い機能で「くりぷトン」同士の配合が可能で、およそ3京6,000通りのパターンが存在します。

自分の保有する「くりぷトン」はマーケット上で、イーサリアムを介して他のオーナーとトレードすることも、売買することも可能です。

くりぷ豚のイベント内容は近日公開!

競走馬育成型レースゲーム「クリプトダービー」

「CRYPTO DERBY(クリプトダービー)」は、競走馬の育成、配合などを行い、レースに出走させ他のオーナー競わせることが出来る「競走馬育成型レースゲーム」です。グラフィックはフル3Dで迫力のあるレース体験が可能です。

競走馬を育てレースで賞金を得るだけではなく、トレードで育成した馬を売買したり、競馬場の運営で収入を得るなど色々な要素が満載です。

また、配合によって産まれてくる馬の見た目、ステータスのバリエーションはなんと100兆を超えます。

レアな見た目の馬はマーケットで高値で取引されることも。

限定競走馬を全員にプレゼント!メディア対抗レース開催!

イベント中に、各ブロックチェーンメディアのロゴをモチーフにした限定競走馬を参加者全員にエアドロップします。

限定競走馬は以下の通りです。

 
 
 
 
 
  • NEXT MONEY馬
  • 金色財経馬(中国メディア)
  • Cointime馬(中国メディア)
  • Zenism馬
  • Coinin馬(韓国メディア)
  • Bixiaobai馬(中国メディア)
  • ゼロから始めるビットコイン馬
  • VentureTimes馬
  • CoinMedia馬
  • COINOTAKU馬

上記10頭の中からランダムで限定馬を1頭ゲット出来ます。

その後「メディア限定馬対抗レース」を開催します。ゲットした限定馬を馬券代わりとし、レースに勝った限定馬を持つ参加者に景品をプレゼント!

ブロックチェーンカードゲーム「クリプトスペルズ」

「CryptoSpells」はブロックチェーン技術を取り入れて開発されたHTML5ゲームです。

イーサリアムネットワーク上のERC721規格にて、ゲーム内のカードを記録。それによってユーザーの所有権が証明されます。

また、アセットの管理以外はオフチェーンでの実装のため、ユーザーは「ウォレットなし」「イーサリアムなし」でゲームを始めることができます。

今後、カードはマーケットプレイスを通じ、売買することができるようになる予定です。

ゲストスピーカー

共同主催

パートナー企業

メディアパートナー

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。