BLOCKCHAINウォレットの特徴やメリット・デメリットを解説

仮想通貨を保管するためにはウォレットが必要になります。

取引所でも仮想通貨を保管しているように見えますが、正確には取引所内のウォレット機能で保管していることになります。
取引所のウォレットはすぐに取引に使えるという便利な点もありますが、仮想通貨が多く保管されているためにサイバー攻撃の対象になりやすいという大きな問題点を抱えています。

仮想通貨のウォレットは現在も増え続けていますが、対応している銘柄や機能などによって大きな違いがあります。
今回はビットコインのブロックチェーンの情報などを逐一更新しているBlockchain.com(旧:Blockchain.info)が提供しているウォレットについて解説していきます。

BLOCKCHAINウォレットの概要

Blockchain.comでは、ビットコインの相場・ハッシュレートの変化・アドレスの検索などの情報をリアルタイムで紹介しています。

ハッシュレートとは、1秒間で実行された暗号解読の回数です。仮想通貨は銘柄ごとに異なる仕組みで暗号化されており、ブロックチェーン上に記録するためには一度暗号を解読する必要があります。ハッシュレートが高いということは、マイニングに挑戦しているマシンの数も多いということになります。

このためハッシュレートはマイニングをしている人にとって特に重要な指針です。ハッシュレートが上昇するとビットコインの相場も上がりやすくなるとbitcoinの提案者であるSatoshi Nakamotoの論文でも触れられています。

2017年末にビットコインの相場は大きく下落しましたが、2018年に入ってからもビットコインのハッシュレートは上昇を続けています。そのためビットコインの相場もいつか上がるのではないかという予測も存在しています。

またアドレスの検索では、ビットコインの送金や受金状況を確かめることができます。仮想通貨の送金ではアドレスの入力ミスや銘柄の指定ミスなどで相手に届かないこともあります。アドレスを検索すると、送金が問題なく行われているのかを確認できるわけです。

この他にもハッキングなどでビットコインが盗難された場合でもアドレスを追うことで流出先を特定することが可能です。

Blockchain.comウォレットの特徴

Blockchain.comウォレットのメリット

Blockchain.comウォレットのメリットは大きく4つあります。

ひとつ目はウォレットを作成するための準備の容易さです。
一般的な仮想通貨ウォレットでは、ウォレットの作成に続いてウォレットのリカバリー準備を行わなければなりません。

しかしウォレット作成に慣れていない人にとって、リカバリー準備は手続きが多く非常に面倒なものです。
Blockchain.comウォレットでは、リカバリー準備やセキュリティ強化もウォレット作成後に自分の好きなタイミングで行うことができます。

ひとつひとつ終わらせていきたい人にとっては、ありがたい設定です。

Blockchain.comウォレットの2つ目のメリットは、日本語を含めたさまざまな言語を設定することができます。
最近では日本語に対応しているウォレットも増えてきていますが、まだまだ日本語非対応のウォレットの方が多いです。

Blockchain.comウォレット3つ目のメリットは、デスクトップでもモバイルでも同様に無料で使うことができるところです。
デスクトップのみ、あるいはモバイルのみに対応しているウォレットは数多くありますが、どちらも対応しているウォレットは一部の取引所のウォレットなど限られています。

Blockchain.comウォレットには送金・受金機能の他に両替機能も付いています。
これが最後4つ目のメリットになります。本来両替を行うためには、取引所などに一度送金し取引を行う必要があります。

この両替機能を使えば、即座にビットコインなどの仮想通貨を米ドルなどの法定通貨に変えることも出来ます。

Blockchain.infoウォレットのデメリット

Blockchain.comウォレットのデメリットは大きく2つ存在します。

ひとつ目は対応している仮想通貨の少なさです。

Blockchain.comウォレットが対応している仮想通貨はビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュの3銘柄だけです。
ウォレットの中には40種類以上の仮想通貨に対応しているものもあるため、複数の仮想通貨を取り扱っている人にとっては不満が残るかもしれません。

2つ目のデメリットは両替機能が日本円に対応していないことです。
日本円に変換する場合には日本円を取り扱っている取引所へと送金し、取引を行う必要があります。

まとめ

Blockchain.comウォレットは日本語対応している、自分の任意のタイミングでセキュリティ向上ができるなど仮想通貨に不慣れな日本人でも設定しやすい仮想通貨用のウォレットです。

しかし日本円に直接対応していないため、ビットコイン・イーサリアム・ビットコインキャッシュのどれかを経由して入出金する必要があります。

デスクトップとモバイルでのBLOCKCHAINウォレットの作成方法や機能を解説

2018.10.06
この記事のURLをコピーする