仮想通貨ウォレット「 IndieSquare」が世界初となる機能をアップデート

仮想通貨ウォレット「 IndieSquare」が世界初となる機能をアップデート

ブロックチェーン技術を活用し、独自トークンの発行やアプリケーションと連携してウォレット管理ができる「API/SDKs」の提供を行っている株式会社 IndieSquare(インディスクエア)は、現在提供をおこなっている仮想通貨のウォレットである IndieSquare Wallet(インディースクエア・ウォレット)をアップデートしました。

同社の、株式会社 IndieSquareは、今回のアップデートで世界で初となる複数間のブロックチェーンに対応した「DAppsブラウジング機能」を実装しました。

今までは、アプリケーションごとにウォレット機能を搭載し、その安全性はそれぞれの開発者の技術力やセキュリティを担保としていましたが、ハッキング被害に遭うリスクがありました。

しかし、今回アップデートされた「DApps ブラウジング機能」は、顧客の資産にアクセスに必要な秘密鍵をサーバで管理せず、暗号化した後にクライアント側に保管します。

これにより、DApps開発者や運営は秘密鍵を管理する必要がなく、ハッキングの対象から除外されます。さらに、ユーザーもアプリケーションごとにウォレットを使い分ける必要がなくなり安全にDAppsを利用することができます。

2014年から提供されているIndieSquare Wallet(インディースクエア・ウォレット)は、ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)、カウンターパーティ(XCP)の保管や送受信することが可能なウォレットとして幅広く使用されていました。

既存の利用者も多く、今回のアップグレードで新規ユーザの獲得が期待できそうです。

運営の見解

運営の椎木
Dapssが身近になってきました。暗号通貨の業界は凄まじいスピードでイノベーションが起きてきます。

いつのまにか、あなたの手元にも当たり前のように暗号通貨を使ったサービスがある時代が来ます。

The following two tabs change content below.

nextmoney

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。

ABOUTこの記事をかいた人

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。