米税関・国境警備局(CBP)ブロックチェーンを利用した出荷追跡システムのテストを予定

アメリカ最大の法執行機関の一つであり、国土安全保障省の一部門である「アメリカ合衆国税関・国境警備局(CBP)」は、ブロックチェーン技術を利用した「出荷追跡システム」について、ハイテクニュースを報道するメディア機関「GCN」が24日に発表した。

CBPは今後のテストで、新たに開発されたブロックチェーン技術を利用したシステムである出荷追跡システムと主要国境管理組織である国土安全保障省(DHS)の2つのシステムを統合していくと報道した。

北米自由貿易協定(FTA)と中米自由貿易協定(FTA)の検証プロセスにおいて、ブロックチェーン技術である分散型台帳技術(DLT)がどのような役割を果たすのかに着目しテストを行う。

CBPのイノベーション部門責任者であるVincent Annunziato氏は次のように述べた。

現在のブロックチェーンプラットフォームに変更した後も同様に動作できるかまだ分からない。また、データセキュリティの確保は最重要課題である。

同様のニュースでは、今月初めにIBM社とデンマークの大手運輸・物流企業である「Maersk(マースク)」社 は、ブロックチェーン国際貿易ソリューションである「TradeLens」を開始している。

運営の見解

運営の椎木

ブロックチェーン技術を使えば、当然今までのシステムよりハイテクにはなってくでしょう。しかし、まだセキュリティー面での問題やバグなどもあると思いますので、そこをしっかりと改善してシステム設計をしていけばより便利なものになると思います、企業コストをどんどん下げることになるブロックチェーン技術が色々な企業のデータやサービスに使われる用意なるのがたのしみですね、

この記事のURLをコピーする