アメリカ小売業大手「ウォルマート」が特許出願

3月に、アメリカの小売業大手「Walmart(ウォルマート)」は、特許・商標の権利を付与する機関である「アメリカ合衆国特許商標庁(USPTO)」へ、ブロックチェーンを用いた技術であり、自動運転やドローンなどの新技術で使用されることが期待されているシステムである「スマートパッケージ」の特許申請をしていたが、8月2日、スマートグリッドやスマートメーターの自動機能である「スマート・アプライアンス(スマート家電)」の管理についてのシステムである別の特許を申請した。

特許の内容はコンピュータデバイスでスマートアプライアンスを管理するためのシステムと管理方法などである。

活用方法は、ユーザーがトランザクション(処理)の承認に必要な「秘密鍵」を保持したデバイスを使用する。
ドローンを配達に使用する時に活用される可能性があるとされている。

このシステムではより管理を効率的にするためにネットワークは、IOT(Internet of Things)システムの使用を考えている。IOTとは物がインターネットのように繋がることができる仕組みである。

今回のこの特許は、「家庭」「エネルギー」「ヘルスケア」などの管理システムが使用できる環境を構築していく予定である。

運営の見解

運営の椎木

ブロックチェーンとIOTを同時に開発している企業は物流でかなり大きな成功を納めると思います。

Amazonなど巨大企業はすでに、その開発に大きな資金を投じていると思いますが、まだブロックチェーンでの新しいアイデアで入り込む

余地はあると思います。

どんどん便利になる世界で私たちは、知らない間にブロックチェーンの技術を使っていることになるでしょう。

その仕組みを知らずとも、知らない間に溶け込んでいくのが今の社会です。通貨としての役割をもつ仮想通貨もあるので、その使い方は今から知っておいたほうが今後の人生のためにいいと思います。

この記事のURLをコピーする