VanEck、新しい書簡でSECのBitcoin ETFの懸念に対応

ニューヨークに本社を置く、投資運用企業「VanEck(バンエック)」は、ウェブサイトで公開された規制当局への書簡の中でBitcoin ETFに対するSECの懸念に応えた。

SECの投資管理部門のディレア・ブラスに宛てた手紙はSECの以前の業界との評価、流動性、カストディ、裁定取引、潜在的な操作の5つの指摘事項になっている。

この問題に対して、SECは先物ベースのBitcoin ETFのための『斬新な問題』として評価してみていないと述べている。
この評価には、米国取引所に上場している100を超える取引所取引商品が先物契約の価値を基礎としている。

VanEckは、提案されたETFの流動性に関する懸念に応えてBitcoin市場は非常に流動性がありBitcoin先物市場が物理的なBitcoin市場に対して効率的であり、CBOE、CMEの合計金額が2億ドルに達するという点も指摘しています。

VanEckの書簡によれば、裁定取引についてはBitcoin交換の多様化した分散的性質により異なる取引プラットフォーム間の価格差や非効率性による裁定取引が可能になると述べている。

運営の見解

運営の椎木

SECの問題は、色々な所で議論していますが、既存の金融業界の意見からするとやはり通らないというのが定説です。
通れば、かなり早い段階で多額のお金が流れて来るので、開発も一気にスピードアップすると思います。
今年中には色々わかると思うので、楽しみですね。

この記事のURLをコピーする