カリフォルニア裁判所がBitMEX相場操縦訴訟は「長すぎる」と却下

米国裁判所がBitMEX相場操縦訴訟を却下

米国・カリフォルニア州の裁判官が、仮想通貨取引所BitMEXに対し、相場操縦と詐欺で非難していた訴訟を却下、現在は破棄されており、再度訴訟を再提出する機会はないとみられている。

BitMEXは、相場操縦から犯罪行為に至るまで、BitMEXとその幹部に対して多くの訴訟に直面しており、これまでNEXTMONEYの特集記事「仮想通貨取引所BitMEX、3億ドルの訴訟に発展」、「英国の金融規制当局が、暗号資産取引所BITMEXに無許可営業で警告」、「マネーロンダリングの疑いで、米国でBitMEXが提訴」、「マネーロンダリング違反で、BitMEXを民事訴訟の提起と刑事告発へ」、「訴訟:BitMEX当局者が調査を知りながら、4.4億ドルを「略奪」したと主張」などで報じているように、英国や米国規制当局との訴訟問題に直面していた。

ウィリアム・オリック(William Orrick)裁判官がトレーダーの原告団によって提起された訴訟では、不正行為の交換と、RICO法および商品交換法の違反を非難されていたものの、却下され、BitMEXは現在、訴訟を1つ減らしている。しかし、カリフォルニア北部地区のオリック裁判官は、訴訟があまりにも言葉になりすぎると判断し、次のように語っている。

もっともらしい主張を探しましたが、見つけられませんでした。


訴訟は以前の裁判のコピー

訴訟が長すぎるために原告が裁判官によって却下されたのはこれが初めてではなく、以前、裁判官によってが言葉が多すぎると判断された237ページに渡る訴えが却下されており、今回は、それを上回る378ページに渡る訴えが提出されている。

オリック裁判官によると、原告はBitMEXに対して提起された別の申し立てに便乗しようとしており、申し立て内容の膨大な量がコピーされたと認定されており、裁定を下した背景について次のように語っている。

裁判所はもっともらしい印象を与えるコピーによる主張は考慮しません。原告による他の主張は、私の以前の命令で特定されたのと同じ理由で不十分です。

この訴訟は、2度目で破棄されており、現行法により、原告は再度訴訟を起こすことはできない。また、BitMEXは「BitMEXと創設者、マネロン&相場操作とは別の訴訟に直面」で報じているように、まだ他の多くの法的措置に直面しており、依然として米国からの告発に直面している状態が続いている。AML(Anti-Money Laundering:アンチマネーロンダリング=資金洗浄防止)手順の実装に失敗し、プラットフォームを犯罪に使用されやすくしたことに対する当局からの訴訟は簡単に逃れることはできそうにない。

仮想通貨取引所BitMEX、3億ドルの訴訟に発展

2019.12.12

英国の金融規制当局が、暗号資産取引所BITMEXに無許可営業で警告

2020.03.05

マネーロンダリングの疑いで、米国でBitMEXが提訴

2020.05.19

マネーロンダリング違反で、BitMEXを民事訴訟の提起と刑事告発へ

2020.10.02

訴訟:BitMEX当局者が調査を知りながら、4.4億ドルを「略奪」したと主張

2020.11.02

BitMEXと創設者、マネロン&相場操作とは別の訴訟に直面

2020.11.19

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。