Coinbaseおよび経営幹部に対して株主が「誤解を招く」として集団訴訟を提起

Coinbaseに訴訟問題

NEXTMONEYの特集記事で報じたように、「仮想通貨取引所Coinbaseが米国市場デビューで市場価値が1,000億ドルに急増」2021年4月14日(水曜日)にNasdaqに上場した仮想通貨取引所のCoinbase集団訴訟問題が発覚した。

Coinbaseの提供する情報が、虚偽で誤解を招くとして証券集団訴訟に直面している。株主であるドナルド・ラムジー(Donald Ramsey)氏によると、同社の4月中旬のデビュー以来、株価は下落する一方だという。そのことから同氏は、Nasdaqに直接上場した時点で、Coinbaseは「かなりの現金注入」が必要であることを明確にできず、詳細を明らかにしておらず、ラムジー氏は次のように語っている。

会社がサービスをより大きなユーザーベースに拡大するにつれて、ますます発生する可能性が高い。

訴訟は、7月23日(木曜日)に北カリフォルニア地方裁判所で被告の法律事務所スコット(Scott)から提起されており、原告側は、上場前にCoinbaseが仮想通貨取引プラットフォームとしての会社の財務状況と回復力について「曖昧で欺瞞的」であったと訴えている。



誤解を招く発言で告発されたコインベース

原告のラムジー氏は、Coinbaseとその幹部が上場時、提供文書で「実質的に誤解を招く発言」を行い、Coinbaseの効率性と回復力を「合理的な根拠が欠けている」という発言で裏付けていると主張しており、次のように訴えている。

募集の時点で:(1)会社はかなりの現金注入を要求しました。(2)当社のプラットフォームは、サービスレベルの混乱の影響を受けやすく、これは、当社がサービスをより多くのユーザーベースに拡大するにつれて発生する可能性が高くなりました。

さらに、訴訟は、虚偽広告と現実の格差が公開情報になるとすぐに、Coinbaseの株価が同時に下落し始めたことを指摘している。原告は、Coinbase株が2回の取引セッションの間に10%を超える急激な下落を示したことを強調。5月19日のCoinbaseインターフェースには技術的な問題があるという主張も重ねてしており、トレーダーは遅延と損失を経験したとして、原告側は次のように語っている。

投資家は、Coinbaseが4月中旬に直接上場(新株の発行や資金調達を伴わない)で公開されたばかりであり、現金を必要としないことを示していることを考えると、問題のタイミングにも驚いた可能性があります。そのため、1カ月余り後に債券を発行するという同社の決定は、いくつかの疑問を提起する可能性があります。

仮想通貨取引所Coinbaseが米国市場デビューで市場価値が1,000億ドルに急増

2021.04.16

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。