サム・バンクマン・フリード氏:ソラナの17時間の停止は悲しくて苛立たしいものと語る

成長が速すぎたソラナ

仮想通貨デリバティブ取引所FTXの創設者兼CEO(最高経営責任者)であるサム・バンクマン・フリード(Sam Bankman-Fried)氏によると、ソラナ(Solana/SOL)のネットワークは急速に拡大し、それが混乱を引き起こしたと述べた。

フリード氏は、先週ソラナが経験した17時間のネットワーク停止は、急速な成長によるものであると述べ、ステーブルコインはエコシステムの不可欠な部分であるとして米国規制当局にそれらを禁止しないように促した。

フリード氏はブルームバーグの最新インタビューで、ソラナの混乱やデジタル資産業界の規制などのホットトピックに関する彼のスタンスを聞きだした。ブロックチェーンプロジェクトのサポーターである29歳の仮想通貨ビリオネアは、ソラナのネットワークの17時間の崩壊を「悲しくて苛立たしい」と表現し、次のようにコメントした。

これらが起こったときはいつも悲しいです、それはいつもイライラします。

フリード氏は、SOLの停止の原因を説明し、同ネットワークは短期間で急速に拡大したため、活動の増加に対応できなかったと明かしたものの、ソラナはすでに問題を解決しているとして次のように述べている。

本当に焦点を当てているのは、ブロックチェーンを大規模にスケールアップすることで、最終的には現在の制限をテストすることです。

また、ステーブルコインと仮想通貨市場への関与に関し、システムに多くの価値を追加し、すべてのものとの対話を容易にすると信じている同氏は、それらを念頭に置いて、禁止することは良い考えではないと述べている。さらに同氏は、これらを禁止する代わりに、米国の規制当局が、仮想通貨業界で重要な役割を果たし続けられるように、規制する必要があるとの考えを明らかにしている。

ソラナの激動の過去数カ月

分散型ブロックチェーンプロジェクトであるソラナ(Solana/SOL)は最近、仮想通貨の大衆の注目を集めている。

これは、NFT(非代替性トークン)セクターの爆発的な成長によって、より正確になり、NFTセクターの大部分で、Solanaブロックチェーンが使用されている。ただし、目覚ましい拡張により、今回のようなネットワーク上の問題が発生していることも考慮しなければならない。2021年9月中旬、ユーザーがトランザクションを処理できなかったため、Solanaは何時間もダウン。

アナトリー・ヤコベンコ(Anatoly Yakovenko)CEOによると、混乱は「RaydiumIDOボットが起動時にトークンを狙い撃ちしようとした」ことが原因であると述べている。17時間以上経過した後、バリデータが再起動し、現在のバージョンにアップグレードされた後、Solanaは通常操作を再開している。

CoinMarketCapより画像引用

わずか1日とは言え、ネットワークの不便さは別として、プロジェクトの自国通貨は過去数カ月で価値が急上昇しており、7月中旬から9月9日まで、過去最高の210ドルを記録した際、10倍にまで急騰している。ただし、9月22日(水曜日)のソラナの価格は、1SOL=14,000台前半で、前日同時刻比-4.18%、1週間で-20.31%と全体的に下落傾向にあり、時価総額も4兆2,246億円に下がっている。

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。