中国・デジタル人民元がAlipayやWeChatを必要としなくなるのか

中国6代銀行がデジタル人民元をアピール

中国上海で、上海市人民政府主導で開催される5月5日のショッピングフェスティバルに先立ち、6大手国営銀行が人民元をアピール。これによって、Alipay(アリペイ:支那宝)やWeChatPay(ウィーチャット・ペイ)に代わる支払い方法を消費者に提供するという政治的な使命を果たしている。

銀行は、パイロットプログラム中の取引が、アリババグループ関連会社である技術大手のAntGroupTencent(テンセント)によって敷設された支払いルートを迂回し、デジタル人民元で直接支払えるよう、デジタルウォレットのダウンロードをアピールしている。中国の中央銀行である中国人民銀行指導の下、銀行関係者は次のように語っている。

人々は、デジタル人民元の支払いが非常に便利で、AlipayやWeChatPayに頼る必要がなくなったことに気付くだろう。


AlipayやWeChatPay の優位性を失わせる準備はできている

他国の同様のデジタル通貨プロジェクトよりもはるかに進んでいる中国のデジタル通貨の開発は、オンライン決済におけるAntGroupのAlipayとTencentのWeChatPayの優位性を損なう準備ができているように見える。

中国の規制当局は、2020年11月と今月初めにAntGroupの370億ドル(約4兆円)のIPOを打ち破り、ジャック・マー(Jack Ma)氏が管理するフィンテックコングロマリットに抜本的なリストラを課した。マー氏のAlibabaGroupは最近、独占禁止法違反で記録的と言える28億ドル(約3,016億円)の巨額の罰金に見舞われた。中国人民銀行は、デジタル人民元はAliPayやWeChat Payと競合せず、「バックアップ」または「冗長性」としてのみ機能すると述べている。しかし、民間では、中央銀行のためにデジタル法定通貨を販売している国営銀行は、両社の支配を弱体化させるという北京の意図を率直に説明しており、デジタル人民元の宣伝広報担当銀行関係者は次のように語っている。

ビッグデータは富です。データを所有する人は誰でも繁栄します。

WeChatPayとAlipayは大量データを所有しているため、政府がデジタル人民元発行のためのビッグデータを管理するのに役立つとみられる。

AlipayとWeChatPay のデータ取得を目論む中央銀行

デジタル人民元は、中国の法定通貨である紙幣と硬貨に加えて流通通貨の一部をデジタル化し、昨年、4つの都市で小規模な実証実験が展開され、当NEXTMONEYの特集記事「中国深セン市、約3,200円相当の「デジタル人民元を配布」で実証実験を開始」、「中国、デジタル人民元のデジタル実験を拡大する意向」などでも紹介している。

2層流通システムの下、中国人民銀行は銀行にデジタル通貨を発行し、銀行はそのお金を個人や企業に渡す。デジタル人民元実証実験の6大銀行には、中国工商銀行、中国農業銀行、中国銀行、中国建設銀行などの中国最大の貸し手が含まれている。各銀行がデジタル人民元のをアピールする背景には、AlipayとWeChatPayから支払いチャネルと消費データの制御を取得したいという中央銀行の願望が透けて見える。

中国人民銀行によるデジタル人民元の世界的地位強化

ベータ版テスト中のデジタルウォレットは、Meituan、JD.com、Didi、Bilibiliなどの人気のある12のアプリにバンドルできる。

ここで注目したい点であるのが、WeChatやAlipayとのリンクはできないという点である。参加銀行はいずれも、デジタルウォレットと2つの確立された支払いプラットフォーム間のデジタル人民元の転送はできないと語った上で銀行マンは、中国人民銀行が、第三者の支払いシステムを介して送金されることを望んでいないと語っている。

PwCChinaのグローバルTMT(テクノロジー・メディア・通信)リーダーであるウィルソン・チョウ(Wilson Chow)氏は、デジタル人民元は消費の「ラストワンマイル」をデジタル化し、銀行や加盟店がデータを収集して支出パターンに関する洞察を得ることができるようにしていくとの考えを明かしている。対象データは現在、中国のオンライン決済市場の合計94%を支配しているAlipayとWeChatPayによって支配されている。デジタル人民元が数年以内に中国の電子決済市場の約10%を占めると予測。銀行家たちは、ユーザーを誘惑するために、中国人民銀行は、コロナパンデミックによる経済の冷え込みからの景気回復を促進目的で、支出促進を目的としたイベント“ショッピングフェスティバル”の前後に上海市民に無料のデジタル現金または割引の「赤い封筒」を与える可能性が高いと述べている。

中国人民銀行の李白副総裁は先週のフォーラムで、国内での採用はデジタル人民元による国境を越えた支払いに先行するものであり、多くのアナリストはデジタル人民元の世界的地位を強化すると信じていると語っている。

中国深セン市、約3,200円相当の「デジタル人民元を配布」で実証実験を開始

2020.10.12

中国、デジタル人民元のデジタル実験を拡大する意向

2021.04.19

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。