SEC対リップル、裁判所はSECによるXRP幹部の個人的な財務記録要求を拒否

XRPが再びSECに勝利

昨年末より続くSECRipple Labs.の訴訟問題で、裁判所は、XRPに接続されていないリップルの幹部の個人的な財務記録を求めるSEC(米国証券取引委員会)による要求を却下したことが分かった。裁判所は、個人の銀行記録がSECの主張する違反を示すことは「確信していない」と述べている。

米国SECがRipple Labs.のブラッド・ガーリングハウス(Brad Garlinghouse)CEO(最高経営責任者)と、クリスチャン・ラーセン(Christian Larsen)共同創設者に対し、XRPトークンの販売をめぐって提起した訴訟で、裁判所は、両氏は事件とは無関係であるという理由から、個人的な財務記録を取得するというSECの要求を却下した。命令は4月9日(金曜日)に、サラ・ネットバーン(Sarah Netburn)下級判事によって署名され、判決で次のように述べられた。

SECは、8年間にわたって個人の財務記録を求めて、個々の被告に生産要求を提供してきました。委員会は、同様の記録を求めて、個々の被告が口座を維持しているいくつかの金融機関にも第三者の召喚状を発行した。ガーリングハウス氏とラーセン氏は、発見義務を回避し、SVB Financial Group、First Republic Bank、ニューヨーク連邦準備銀行、Silver Lake Bank、Silvergate Bank、Citibankに召喚状を破棄するための保護命令を求めています。


サラ・ネットバーン下級判事による判決内容

SECは、個々の被告が隠された取引を行っているという証拠、または文書が隠された取引の推論を裏付ける証拠を提示していないことを発見したと判決の中で述べている。

さらに、ガーリングハウス氏とラーセン氏による保護命令の申し立ては認められたと説明し、裁判所は、すでに約束されているXRP取引の記録を除き、個々の被告の個人財務記録に対するSECの要求は正しくないと判断した。

SEC新会長に対する訴訟取り下げ請願が開始

リップルは最近、当NEXTMONEYの特集記事「リップル、裁判官が証拠開示を認める=SECドキュメントを公開の決定を勝ち取る」で報じたように、SECからの発見を勝ち取っている。SEC側は、ビットコイン(Bitcoin)、イーサリアム(Ethereum)、およびXRPに関する内部記録を作成するように命じられた一方、SECのゲイリー・ゲンスラー(Gary Gensler)新会長に対し、リップル訴訟を取り下げてXRPとの戦争を終わらせるよう求める請願が開始されている。

XRPの研究者であるLeonidas Hadjiloizou氏は、4月10日にツイッターで判決に関する裁判所の文書を共有。ガーリングハウス氏とラーセン氏は、規制当局がこの情報にアクセスするのを阻止するための申し立てを提出したが、これはまったくの「行き過ぎ」であると語っている。

リップル、裁判官が証拠開示を認める=SECドキュメントを公開の決定を勝ち取る

2021.04.07

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。