SECコミッショナー、明確な仮想通貨規制を要求|金融市場への新規投資家参加を称賛

SECコミッショナーが明確な仮想通貨規制を要求

SEC(米国証券取引委員会)のコミッショナーであるヘスター・パース(Hester Peirce)氏は、テスラ社やMastercardなどの大手企業がデジタル資産を採用するなか、明確な仮想通貨規制が緊急に必要であると述べた。

大手通信のロイター社とのインタビューの中でパース氏は、金融市場への新世代の投資家の関与を称賛。SEC関係者は、株式やその他の仮想通貨資産における最近のRedditの熱狂から政策の結論を引き出すのは時期尚早であると述べた。同氏は仮想通貨に優しいスタンスで知られており、コミュニティは彼女を“クリプトママ”と親しみを込めて呼んでおり、同氏は、米国のデジタル資産の状況に関する不確実性を取り除くため、明確な仮想通貨の規制を求めた。

最近では、明確さが求められているだけでなく、新政権が新たな見方をする機会をもたらした影響を受け、次のように語っている。

より明確にするためにこの分野で何らかの行動を取ることの緊急性が増しています

SECは仮想通貨市場にとって重要な権威で、SECがXRPに対し、NEXTMONEYの特集記事「米SEC、リップル社へ13億ドルの訴訟=未登録証券の販売」でも報じているように、無認可の証券を販売したとしてRipple Labsに対して訴訟を起こした後、暗号資産の約500億ドルのクラッシュを報告した。

各国に仮想通貨規制が与える影響

世界中の規制当局は、小売業者からの需要の高まりと機関投資家の関与の中で、仮想通貨資産を規制することを計画している。

世界最大の電気自動車メーカーであるテスラは、「テスラ社、15億ドル相当のビットコイン保有判明でBTC最高値更新=保有額はマイクロストラテジー社に次ぐ」で報じたように、同社が世界最大の仮想通貨ビットコインに15億ドルを投資したことを明らかにしている。

また、世界をリードする金融会社の1つであるMastercardは先週、「MasterCard、ネットワーク上での仮想通貨のサポートを発表」同社が今年仮想通貨を受け入れることを計画していること発表した。 SECコミッショナーは主要企業の関与後、明確な仮想規制の枠組みが緊急に必要であると述べている。

CoinMarketCapより画像引用

ビットコインは、機関投資家からの需要が高まった後、昨日過去最高の49,500ドルに達し、CoinMarketCapの調べによると、2月15日19時時点のビットコイン価格は、500万円を越えており、先日同時刻比-2.47%、1週間で21.09%の上昇を記録しており、時価総額も93兆円3,300億円を超えた。

米SEC、リップル社へ13億ドルの訴訟=未登録証券の販売

2020.12.24

テスラ社、15億ドル相当のビットコイン保有判明でBTC最高値更新=保有額はマイクロストラテジー社に次ぐ

2021.02.09

MasterCard、ネットワーク上での仮想通貨のサポートを発表

2021.02.11

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。