Tether(テザー)バンキングパートナーDeltec、BTCに顧客資金を投資

Deltecがビットコインに顧客資金を投資

最高投資責任者によると、バハマに本拠を構えるステーブルコインのテザー(Tether/USDT)の準備金を保有しているDeltec Bank&Trust(デルテック)が、1月14日に公開されたビデオで、1年間のレビューを公開。同社は、仮想通貨価格が約9,300ドル、約100万円相当であったため、ビットコインに顧客の資金を投資したと発表した。

Deltec Bank「A COVID Year In Review」より画像引用

Deltecのヒューゴ・ロジャース(Hugo Rogers)最高投資責任者は、1月14日に公開された1年間のレビュービデオで投資を開示。その中で、投資は現金に裏打ちされたドルペッグのUSDTステーブルコインかどうかについて新たな疑問が生まれた。実際にはビットコインによって何らかの形で裏付けられており、ビットコインに関するコメントは、Deltecのその年の「ハイレベルコールとベストピック」に関する質問に関連していたことから、ロジャース氏は次の様に述べた。

私たちは最大の収益化の受益者において非常に重要な位置を維持してきました。そのため、金だけでなく、他の商品も含まれており、最近注目を集めているビットコインの大きなポジションも含まれています。私たちはクライアントのためにビットコインを約9,300ドルで購入し、2020年まで非常にうまく機能し、2021年にもうまく機能すると予想しています。

現段階で、Deltecはいつ購入したかなど、購入のタイミングは明確にされていない。また、Deltecはビットコインを保持しているクライアントの名前を指定しておらず、Tetherの預金を使用してデジタル通貨でポジションを獲得したかどうかについても明らかにされていない。しかし、最も重要であるのは、ステーブルコインであるTetherが、ビットコインによって間接的に支援されているかどうかが明確にされていないことである。

Tetherは一部準備金をビットコインに投資したことを認めたことが裁判資料で明らかになったことで、金額などは不明だが、2020年以前にも資金を運用していたことがわかっている。

TetherとDeltecのビジネスは2018年に初めて公開された。これは、stablecoin発行者が準備金を維持している2つの銀行のうちの1つだが、FTXのサム・バンクマン-フライド(Sam Bankman-Fried)氏は、彼の会社がすでにバハマ銀行のサービスを使用していることを確認したため、Deltecには複数の仮想通貨クライアントがあると判明している。

NEXTMONEYで「「テザー社は、不正利用の可能性がある「財務書類」を提出不要」 =NY裁判所がテザー裁判で決定的な判断を下す」、「NY司法当局、テザー社の不正利用について説明」、「仮想通貨取引所ビットフィネックス&テザー社、8.5億ドル以上の資産紛失を隠蔽か!?」などで特集記事を報じている。これらの問題により、Deltecの投資がUSDTかどうか疑問を持っているのは当然の流れとも言えるだろう。

「テザー社は、不正利用の可能性がある「財務書類」を提出不要」 =NY裁判所がテザー裁判で決定的な判断を下す

2019.10.11

NY司法当局、テザー社の不正利用について説明

2019.12.16

仮想通貨取引所ビットフィネックス&テザー社、8.5億ドル以上の資産紛失を隠蔽か!?

2020.07.10

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。