カリフォルニア大学の学生グループ、10番目に大きいUniswap代表に

カリフォルニア大学の学生グループが10番目のUniswap代表に

カリフォルニア大学・バークレー校の学生が運営するブロックチェーングループBlockchain at Berkeleyは、分散型取引所(DEX)Uniswapの10番目に大きな代表者になり、新しいDeFiプラットフォームに関与する多様なグループを強調している。

イーサリアムのガバナンスツールであるSybilによると、学生グループは250万票を集め、他の3つの組織と連携。これによってバークレーのBlockchainの投票ウェイトは2.336%になった。

2016年10月に設立されたBlockchain at Berkeleyは、コンサルティング、設計、教育サービスを提供するブロックチェーンイノベーションのハブとしてパートナーにはEthereum、Universal Protocol、Hyperledgerが含まれる。

12月23日、Blockchain at Berkeleyは、エコシステム開発に資金を提供するためのフレームワークの概要を示すUniswap Grants Programv0.1に賛成票を投じた。投票の結果は、60,088,813票がプログラム賛成票へ投じ、9,300票が反対票を投じた。

10月のUniswapの最初のガバナンス投票は、参加者が承認に必要な最低4,000万票のしきい値を満たせなかったため、失敗に終わている。同様の理由で、10月31日に行われた2回目の投票も敗北しているが、Blockchain at Berkeleyは、これら2つの投票のどちらにも参加していない。

Uniswapは、そのガバナンスが精査されているものの、最大の分散型取引所として浮上していえる。業界のオブザーバーは、生態系を制御していると彼らが見ているUNIクジラについて不平を抱えている。今月初め、Uniswapの生涯ボリュームは26,000の取引ペアで500億ドルを超え、分散型金融取引所の有用性が高まっていることを改めて浮き彫りにした。

Blockchain at Berkeleyとは

Blockchain at Berkeleyは、コンサルティング部門、デザイン部門、教育部門にわかれており、コンサルティング部門は、フォーチュン500企業、確立されたブロックチェーンプロジェクト、およびグローバルな非営利組織にコンサルティングサービスを提供している。

同組織へのオファリングはこれまで、技術的な概念実証(PoC)、アドバイザリー、コンサルティング開発から、本番環境に対応したアプリケーションの開発にまで及んでいる。また、ブロックチェーン関連企業との交流会を開くなど、学生の研究の域を超え、企業と積極的なパートナーシップ提携などを行っている。

ABOUTこの記事をかいた人

Rio(NEXT MONEY)

はじめまして!仮想通貨やブロックチェーンの国内外の仮想通貨や関連ニュースを通して、ためになる知識をどんどん吸収していきたいと猛勉強中!。 普段は鳥の声さえずる緑豊かな田舎で2児の子供とバタバタしながらの~んびり暮らす、スローライフに憧れるちょっぴりドジな母の一面も。 将来は、田舎に広い庭のある小さなお家に住むぞ~!