ビットコインが金の市場シェアを奪う=JPモルガン

ビットコインは金の価値を下げるのか

JPMorgan Chase&Coのアナリストが、ビットコイン(Bitcoin/BTC)が金の市場シェアの大部分を占めており、近い将来もそうし続けると主張している。彼らは、貴金属と一次仮想通貨に割り当てられた資金の違いが減少していることを強調し、数十億ドルの現金の移転を表していると述べた。

仮想通貨コミュニティは、ビットコインが金のデジタル版であるという考えに対して何年も議論されており、どちらも供給が限られているなどの共通の特徴があることから、資産回避の役割を今では担っている。楽観的な見方としては、大規模機関投資家が最終的に金に対するビットコインの優位性、主にデジタルの不足を認識し、貴金属から目をそらすだろうと推測している。

これまでのところ、2020年はビットコインへの機関投資家の流入元年と言え、Grayscale社の四半期レポートなどでも機関投資家の流入がはっきりと分かるデータが示されている。それと同時に、金ETFは顕著な流出を記録し始めている。

JPMのアナリストニコラス・ぺニギルゾグロウ(Nikolaos Panigirtzoglou)氏は、ビットコインはファミリーオフィス資産の0.18%しか占めていないのに対し、金ETFは約3.3%を占めると主張。2つの資産の割合にはまだ大きな違いがあるものの、このデータを出発点として使用すると、金からBTCへのわずかな再割り当てだけが、地金の価格の「構造的な逆風」につながる可能性がある。

Bloomberg より画像引用

大手メディアのBloomberg (ブルームバーグ)によると、同氏は、傾向が変化し始めていると考えており、長期的には金の価格に悪影響を与える可能性があるとみて次のように述べている。

機関投資家によるビットコイン取扱いは始まったばかりだが、金の場合、機関投資家によるビットコインの採用は非常に進んでいる。この中長期的な論文が正しいことが証明されれば、金の価格は今後数年間で構造的な逆風に見舞われるだろう。

JPMorganの分析を超えて見ると、ビットコインの制度的取り込みが増加しているという明確な証拠があります。デジタル資産マネージャーであるGrayscaleは、ビットコインとイーサリアム(ETH)の信託への記録的な流入を記録しています。グレースケール、ペイパル、キャッシュアプリは、毎日採掘されているよりも多くのBTCを購入しています。

CoinShares より画像引用

なお、仮想通貨ファンドのCoinShares(コインシェアーズ)は、12月7日付け最新の仮想通貨の資本流入の急増について報告している。報告書によると、わずか4週間で、ビットコイン製品は14億ドルを吸い上げた一方で、金は92億ドルの記録的な流出を記録した事を報告した。

ABOUTこの記事をかいた人

Rio(NEXT MONEY)

はじめまして!仮想通貨やブロックチェーンの国内外の仮想通貨や関連ニュースを通して、ためになる知識をどんどん吸収していきたいと猛勉強中!。 普段は鳥の声さえずる緑豊かな田舎で2児の子供とバタバタしながらの~んびり暮らす、スローライフに憧れるちょっぴりドジな母の一面も。 将来は、田舎に広い庭のある小さなお家に住むぞ~!