米SEC、フィンテックチームを独立部門へ

SECフィンテック部門が独立オフィスに

12月3日(木曜日)、米国証券取引委員会(SEC)のフィンテックチームが、独立した部門になることを発表した。

SECのイノベーションと金融テクノロジーの戦略的ハブであるSECのイノベーションと金融テクノロジーのための戦略的ハブであるFinHubは、コーポレートファイナンス部長であるウィリアム・ヒンマン(William Hinman)氏の指導の下で稼働。2018年にはコーポレートファイナンス部門内にFinHubを設立。それ以来、分散型台帳テクノロジーとデジタルアセット、自動投資アドバイス、デジタルマーケットプレイスファイナンス、人工知能と機械などの進化分野を含む、金融セクターにおけるイノベーション促進するための代理店の取り組みを主導してきた。

SECが未登録の証券販売であると見なしたICO(Initial Coin offering=新規発行仮想通貨による資金調達法)の追求・調査が大幅に増加したことにより、FinHubが多忙になっていたことが背景にある。

フィンテックチームの独立オフィスへの移行は、企業財務部門に報告するのではなく、FinHubのリーダーであるヴァレリー・シュチェパニック(Valerie Szczepanik)氏がSECの会長に直接報告することを意味する。

SEC会長であるジェイ・クレイトン(Jay Clayton)氏は今回の件について次のように語っている。

FinHubを独立したオフィスとして確立するという私たちの行動は、投資家の利益と市場の効率性や回復力のために新しいテクノロジーの導入を促進するという私たちのコミットメントを促進します。

FinHubを独立したオフィスとして指定することで、投資家保護と一致する市場での新興技術の革新を促進し続けるSECの能力が強化される。新事務所は、証券業界の将来に影響を与える新たな金融技術を特定および分析するための代理店の作業を引き続き主導し、技術が発展するにつれて市場参加者と関わるとのこと。

FinHubのシュチェパニックディレクターは、SECの部門やオフィス全体、およびグローバルな規制当局との間で、新たな金融革新とテクノロジーの分析を調整し、委員会とSECスタッフがこの分野のポリシーを策定および実施する際に助言していくという。同氏は独立オフィスへの以降について次のように述べた。

FinHubの作業の範囲と複雑さは、テクノロジー自体が進化するにつれて進化し、拡大し続けています。この組織の変化は、世界中の市場参加者や規制当局と協力するための機関の敏捷性(動作の素早さ)と柔軟性を促進し、連邦証券法と技術の交差点を形作る最先端のイノベーションを促進します。

ABOUTこの記事をかいた人

Rio(NEXT MONEY)

はじめまして!仮想通貨やブロックチェーンの国内外の仮想通貨や関連ニュースを通して、ためになる知識をどんどん吸収していきたいと猛勉強中!。 普段は鳥の声さえずる緑豊かな田舎で2児の子供とバタバタしながらの~んびり暮らす、スローライフに憧れるちょっぴりドジな母の一面も。 将来は、田舎に広い庭のある小さなお家に住むぞ~!