米議会、ステーブルコイン規制法案を提出

米国、ステーブルコイン規制法案提出

今月2日、米国でステーブルコインを規制する新たな法案が提出された。

米国の民主党ラシダ・トライブ(Rashida Tlaib)代表、同じく民主党のヘスス・“チュイ”・ガルシア(Jesús “Chuy” García)氏、同スティーブン・リンチ(Stephen Lynch)氏の3議員は衆議院議会で2日(水曜日)、ステーブルコインテザリングと銀行ライセンス施行(STABLE)法案を提出した。

提出された法案の中でステーブルコインについて以下のように記載されている。

ドルのような従来通貨に恒久的に固定または安定化されているデジタル通貨は、新たな規制上の課題を提起すると同時に、市場、流動性、および信用リスクの増大する源泉を表している。

連邦預金保険法を改正して分類を規定するステーブルコインの規制、およびその他の目的について18ページにも渡る法案が発表され、ステーブルコインについても言及されている。法案の中でステーブルコインを発行するには、連邦準備制度、連邦預金保険公社、銀行規制当局からの承認(許可)が必要で、発行者はFDIC保険に加入するか、米ドルに簡単に変換できるように準備金を維持する必要があるとしている。

同法案によると、他国や州の通貨に固定されたステーブルコインにも当てはまるという。また、スポンサーと共催者が以前に通貨監督庁のブライアン・ブルックス(Brian Brooks)代理に送った手紙にも言及されており、規制当局がデジタル資産分野に焦点を合わせていることに疑問を呈している。議員は、ステーブルコイン発行者やその他の仮想通貨プラットフォームに保管サービスを提供する銀行に関するOCC(Office of the Comptroller of the Currency=米通貨監督庁)の解釈書に問題を抱えていたと述べられている。

トライブ議員はツイッターと提出された法案の中で次のように述べている。

法案は個人保護を目的としている。仮想通貨プロバイダーが、大手銀行が持っている低・中所得者に対する犯罪を繰り返さないようにすることが非常に重要です

現在、米国ではCircle社とコインベース社が共同で立ち上げた CENTERコンソーシアムや、Gemini、Paxosなど、多くのステーブルコイン発行企業が許可なしで運営されている。Basis.Cashのようなアルゴリズム系ステーブルコインやDAIのような仮想通貨担保系トークンもこの法案に該当するとされている。

BlockchainAssociationのクリスティン・スミス(Kristin Smith)事務局長は、この法案に反対し、以下のように語った。

この問題についてトライブ議員事務所と継続的かつ建設的な話し合いを行ってきたが、この法案に反対します。分散型ネットワークの2つの主要な約束、個々の消費者の手にさらに力を与える機会と、決済やその他の金融サービス全体のイノベーションを促進する機会を見落としながら、最も強力な金融機関の地位を強化するだろう。

スミス氏は、ステーブルコインのOCCガイダンスは、これらのトークンを米国で規制する進歩的な例であると述べた。なお、現在の議会は数週間で終了する予定だが、グレイ氏は法案が来年初めに再導入される可能性が高いと述べた。

ABOUTこの記事をかいた人

Rio(NEXT MONEY)

はじめまして!仮想通貨やブロックチェーンの国内外の仮想通貨や関連ニュースを通して、ためになる知識をどんどん吸収していきたいと猛勉強中!。 普段は鳥の声さえずる緑豊かな田舎で2児の子供とバタバタしながらの~んびり暮らす、スローライフに憧れるちょっぴりドジな母の一面も。 将来は、田舎に広い庭のある小さなお家に住むぞ~!