リップルは第3四半期報告書を公開=XRP売上高300%増

リップルが第3四半期報告書を発表

リップルは第3四半期報告書をリリースし、売上が300%も大幅に増加したことを明らかにした。

最新の四半期レポート『Q3 2020 XRP Markets Report』では、前期と比較して2020年第3四半期を通じてXRPを支持する多くのデータが明らかになっている。具体的には、第2四半期の約1億9,628万ドルから、今第3四半期には4億358万ドルにまで急増している。

ripple 販売概要2020年第2四半期・第3四半期より画像引用

レポートは同様に、XRPがBTC(Bitcoin:ビットコイン)やETH(Ethereum:イーサリアム)ではなくブリッジ通貨として利用されていると述べている。

XRPを使用するトレーダーは、他の仮想通貨では不可能な時間制限のある裁定取引(金利差や価格差を利用して売買し利ざやを稼ぐ取引)の機会を捉えることが可能だ。XRPの特徴であるスピード、低い取引コスト、信頼性はマーケットメーカーやトレーダーが取引所間の価格差をより多く把握するための通貨にとって理想的で、裁定取引に伴うさまざまなリスクへのリスク管理を減らせる。

ripple 「Q3 2020 XRP Markets Report」より画像引用

XRPを取引所間のブリッジ通貨として使用すると、トレーダーはそのために必要な時間を大幅に短縮でき、さらにBTCやETHなどの他のデジタル資産と比較して関連するボラティリティエクスポージャーを削減できる。上記のチャートは、BTC、ETH、XRPの3銘柄で同等の10,000ドル以上の転送を、バイナンス(Binance)からコインベース(Coinbase)にプログラムしたもので、XRPがはるかに高速であるため、主に引き出しに使用されることがチャートでも明確に表れている。

XRPはスタイルによって非常にエネルギー効率が高く、他のブロックチェーンベースの取引で必要とされるプルーフオブワークマイニングに関連する莫大なエネルギー費用なしで取引が決済される。実際には、100万件の取引ごとに、BTCは45.1億電球時間に相当する電力を利用するが、XRPは79,000電球時間に相当する電力を利用する。これは、XRPのエネルギー使用量がBTCより57,000倍効果的であることを示唆している。

Rippleは同様に、Energy WebFoundationやXRPLFoundationなどのさまざまな主要なイノベーションおよび保存企業と提携しており、XRPの購入圧力の急上昇は、強力な原則のおかげでそのレートを急速に高める可能性があるようだ。

ABOUTこの記事をかいた人

Rio(NEXT MONEY)

はじめまして!仮想通貨やブロックチェーンの国内外の仮想通貨や関連ニュースを通して、ためになる知識をどんどん吸収していきたいと猛勉強中!。 普段は鳥の声さえずる緑豊かな田舎で2児の子供とバタバタしながらの~んびり暮らす、スローライフに憧れるちょっぴりドジな母の一面も。 将来は、田舎に広い庭のある小さなお家に住むぞ~!