バイナンス、新資本保証型投資商品「BNBVault」を発表

収入増を狙えるバイナンス(Binance)の「BNBVault」

世界トップの仮想通貨取引所であるバイナンス(Binance)がBNBVaultを発表し、ユーザーがBNBトークンを賭けることで毎年関心を集めることができるようになることが分かった。

Binanceは、取引所のネイティブトークンであるBNBを介して年利5~10%を提供する投資商品「BNBVault」の発売を発表した。プレスリリースには、以下のように記載されている。

BNBVaultは、柔軟にアクセスできる資本保証型の投資商品です。さまざまなBinance製品を統合して、集中型と分散型の両方の金融からのBNBの潜在的な収入をワンクリックで最大化し、BNB保有者がBinanceエコシステムのすべてのメリットをワンクリック享受できるようにします。

BNB Vaultは、ユーザーがBinanceのさまざまな金融商品を活用して関心を集めることにより、BNBを機能させることができる利回りアグリゲーターで、ワンクリックで取引所で提供されているサービスを享受できるとのことだ。

利息は毎日計算され、ユーザーのスポットアカウントに分配される予定で、現在の年利(APY※1)は約5%~10%と見積もられている。
(※1)APY (Annual Percentage Yield)とは、複利計算を含め、1年経過した時にもらえる利息を年率換算したものを指す。

利回りは、今年9月6日に新たに運営が開始されたプラットフォームでBinanceのステーキングインセンティブスキームであるLaunchpoolを介して報われる新しいトークンを含む、さまざまなBinanceEarn製品から得られるとのことだ。BinanceのFlexibleSavingsは、ユーザーが預金に関心を持つことを可能にする製品で、BNBのDeFi(分散型金融)ステーキングプロトコルだ。

ジャオ・チャンポン(Changpeng Zhao:趙長鵬)CEO(最高経営責任者)はTwitterで、「複雑にしないでおく。ラグプルのすべての技術的な詳細と潜在的なリスクを処理しましょう。」と述べている。

「ラグプル」とは、DeFiベースの歩留まりアグリゲーターと同義語になっており、正当なDeFiプロトコルで時流に乗って、悪意のある人物が「敷物を引っ張る」、つまり詐欺から抜け出すためだけに驚異的な利回りを提供し、投資家はほとんど価値のないトークンを保持することを意味しているようだ。

新しいオファリングは、普通預金口座からDeFiステーキングまで、取引所が提供する多数の金融商品であるBinanceEarnの一部として提供されるとのこと。プロセス全体を通して、賭けられたBNBは、エアドロップやLaunchpad宝くじなどの特典の対象となる。

Binanceの新機能は、DeFiプロトコルに流動性をもたらすインセンティブスキーム=報奨金取り決め制度のことで、利回り集計または利回りマイニングへの爆発的な関心の結果としてもたらされた。

ABOUTこの記事をかいた人

Rio(NEXT MONEY)

はじめまして!仮想通貨やブロックチェーンの国内外の仮想通貨や関連ニュースを通して、ためになる知識をどんどん吸収していきたいと猛勉強中!。 普段は鳥の声さえずる緑豊かな田舎で2児の子供とバタバタしながらの~んびり暮らす、スローライフに憧れるちょっぴりドジな母の一面も。 将来は、田舎に広い庭のある小さなお家に住むぞ~!