英国財務省とイングランド銀行、中央銀行デジタル通貨タスクフォース創設

英国財務省とイングランド銀行がCBDCタスクフォース設立

英国財務省(Her Majesty’s Treasury)とイングランド銀行(BoE=Bank of England)は、CBDC(中央銀行発行のデジタル通貨)タスクフォースの設立を4月19日(月曜日)に発表した。同タスクフォースは、英国のCBDCを調査することを目的として設立されているとのこと。

CBDC(中央銀行発行のデジタル通貨)は多くの国が何らかの形で検討が進められているホットトピックであり、そのほとんどがまだ調査段階にある。ベネズエラ、スウェーデン、中国などのいくつかの国は、米国、カナダ、英国などの国と比較してすでにプロジェクトがリードしている状況だ。リシ・スナック(Rishi Sunak)財務長官が「ブリットコイン(Britcoin)」と語る新しいデジタル通貨について、作成の可能性を模索しており、同財務長官が英国の金融技術セクターを支援することを期待している一連の措置の一部である。アプリベースのStarling Bankの創設者兼最高経営責任者であるアンボーデン(Anne Boden)氏は、デジタル通貨について次のように述べている。

デジタル通貨の利点の1つは、今後数年間で現金支払いが減少し続ける場合のカード支払いのバックアップとしてです。この10年の終わりまでに、英国では10回に1回の支払いのみが従来の方法で行われると予想されます。紙幣。デジタル通貨の支持者はまた、人々がオンラインで購入するための別の方法を提供できると考えています。


英国におけるCBDCは現段階で未定

英国財務省が「潜在的な英国のCBDCの調査」に専念すると述べた事で、2つの英国の機関がCBDCタスクフォース設立を実現させた。

月曜に発表されたプレスリリースで次のように述べている。

中央銀行は、CBDCを立ち上げるかどうかをまだ決定していません。タスクフォースの目的は、そのユースケースを調査し、その設計を決定することです。また、英国が時代の先を行くことを確実にするために、外国のデジタル通貨プロジェクトを注意深く監視します

英国財務省とイングランド銀行は、「英国にCBDCを導入するかどうかについてまだ決定を下していない」ことを国民へアピールすることを検討。ただし、タスクフォースは、英国を拠点とするCBDC調査当局者間の「緊密な調整を促進する」ことを目的としており、イングランド銀行のジョン・カンリフ(Jon Cunliffe)副総裁と大蔵省のキャサリン・ブラディック(Katharine Braddick)金融サービス局長が共同議長を務める。

タスクフォースのメンバーシップについては、イングランド銀行と大蔵省の関連する個人に限定されるものの、他の英国当局についても、必要に応じてCBDCに関するタスクフォースの作業に関与し、必要に応じて会議に招待されるとのこと。

タスクフォースはリクスに慎重な姿勢

CBDCの導入にはリスクが伴うことから、新しく設立されたタスクフォースは、英国政府がイングランド銀行とどのように連携するかを検討し、すべての潜在的なリスクが考慮され、脅威を排除して価値を維持するための正しい規制が実施されていることを確認する必要がある。

英国財務省とイングランド銀行の取り組みメンバーは、特定の目標を達成するために設計機能を評価することを計画しているとのこと。その理由として、CBDCには、「厳密で一貫性のある包括的な評価」が必要になると英国財務省は主張している。両事業体は、CBDCの利害関係者との関わりにも参加するほか、組織は、英国が「グローバルイノベーションの最前線にとどまる」ことを確認するために、CBDCの開発を監視していくとのこと。

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。