ザイフトークン(ZAIF) 、2021年1QにイーサリアムERC-20へ移行を計画

ザイフトークン(ZAIF) 、2021年1QにイーサリアムERC-20へ移行を計画

テックビューロ株式会社は2日、同社の独自通貨であるザイフトークン(ZAIF)に関する今後の方針を明らかにした。

今回の発表によると、ザイフトークンを2021年第一四半期までにイーサリアムのERC-20へ移行する計画をしていることを発表した。これは不安定なカウンターパーティプロトコルのリスクを軽減することを目的とし、対応するアプリケーション、ウェブサービスの充実させることで、ザイフトークンの流動性と価値上昇に繋げるという。

ザイフトークンとは、2015年に認知と価値上昇を目的として発行された仮想通貨である。過去に運営されていた仮想通貨取引所Zaifによって、日本初となる取引所トークンとして発行されている。現時点では、トークンのメンテナンスとして「定期的な見直しを実施している」と説明しているが、その詳細は明らかにされていない。

またテックビューロが仮想通貨取引所Zaifを株式会社Zaif(旧:株式会社フィスコ仮想通貨取引所)に譲渡しているため、今後のZAIFトークンの価値向上については、テックビューロ主導のキャンペーンのみではなく、仮想通貨取引所Zaifの共同プロジェクトによって、トークンの流動性と既存のトークンホルダーの利益向上を目的にしていくため、協議を行っている。

今後の方向性については、前述したようにトークン保有者の利益向上を目的に、決済手段としてのトークン採用を進め、仮想通貨取引所Zaifにおける、簡単売買とトークン決済サービスの対応を打診しているという。この決済サービスの拡充による今後の価値の向上について、次のように説明している。

決済によってユーティリティ、すなわち使用可能性を高めることにより、ZAIFトークンの流動性と価値の向上が見込めます。それに加えて、弊社およびZaif仮想通貨取引所との共同キャンペーンでの配布を検討することによって、トークンが循環しつつ、両者のブランドバリューと連動してトークン価値の向上に貢献し、その結果既存トークンホルダーの利益向上につながると考えております。

2021年度までの予定

テックビューロが危惧すべき点について、「既存のトークンホルダーの利益を毀損することです」と説明。実際のザイフトークン保有者は、国内に多く存在しており、既に18万人以上のユーザーがトークンを保有している。そのため、流通が滞ることが市場全体の信用毀損へ繋がることも危惧している。

  • Zaif取引所内 約18万人 約52億枚 約8.2億円
  • Zaif取引所外 約550人 約1.3億枚 約2,053万円

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。