Uniswap、500万UNIをエアドロップするガバナンス投票を実施

Uniswap(ユニスワップ)のガバナンス投票で生じる問題

Uniswapのガバナンス投票が終了間近だが、新たな問題が生じ、ガバナンスチャネルで現在議論されている。議論されている問題であるのが、「サードパーティのインターフェースを介してUniswapとやりとりしたユーザーについて、他ユーザーが9月17日に受け取った無料のUNIトークンを受け取る権利があるのか」という問題だ。

もう少し詳しく解説すると、Uniswapコミュニティの2番目の提案に先立ち、27,000近くのアドレスに空中投下されたUNIトークンを、別の12,619アドレスに配布する問題だ。すでに2,000万以上のUNIが提案に賛成票を投じており、714,000以上が反対票を投じている。投票は10月31日午前8時00分(UTC)に終了する予定だ。

この投票結果は偏っているように見えるかもしれないが、今回の決定は仮想通貨コミュニティにとって十分に興味深いものであり、現在、さらなるUNI配布の失敗の売り込みに傾いているPolymarketの賭け市場に影響を与えていると言えそうだ。

ただし、両方の提案が成功した場合、追加の15,679,200 UNIが1UNIあたり244.85円(CoinMarketCap調べ)の現在価格で約38億円の相当が配布される見込みで、そのうち5,047,600 UNI(12億円相当)は、フェーズ1で再分配される予定だ。

400UNI、あと40,000回

イーサリアムの大手自動マーケットメーカーであるUniswapの運営会社が今年9月にガバナンストークンUNIを発表した際、分散型アプリケーションを使用したことのあるすべてのウォレットに400 UNIを提供すると発表し、多くの市場ユーザーを驚かせた。当時、各エアドロップは1,000ドルをはるかに超える価値があった事も大きく関係している。

現在検討真っ只中の提案とそれに続く提案は、エアドロップを実行することに関するもので、現在の提案は、異なるdappを介してUniswapでやりとりしたユーザーに焦点を当てている。フェーズ2には、DEX(分散型金融)アグリゲーターを介してUniswapとやりとりしたユーザーが含まれるとのこと。

エアドロップの提案は、UNIがDeFiポータルDharma(ダルマ)のナダブ・ホランダー(NadavHollander)最高経営責任者(CEO)によって発表されるとすぐに提起された。

最終的に私たちが主張している議論の核心は、現状ではUniswapの上に構築するリスクを冒し、ある種、否定的に罰せられた開発者がいるということです。

Twitterのスレッドで、Uniswapの創設者であるヘイデン・アダムス(Hayden Adams)氏は、一部のユーザーが取り残されていると感じる可能性があることをチームが認識していることを認めている。また、Uniswapは、今後の配布に関する決定をUNI保有者に任せることにしており、その理由について、実際のユーザーと削除時にUniswapを使用する多くのボットを区別することが難しいためだと説明している。

ABOUTこの記事をかいた人

Rio(NEXT MONEY)

はじめまして!仮想通貨やブロックチェーンの国内外の仮想通貨や関連ニュースを通して、ためになる知識をどんどん吸収していきたいと猛勉強中!。 普段は鳥の声さえずる緑豊かな田舎で2児の子供とバタバタしながらの~んびり暮らす、スローライフに憧れるちょっぴりドジな母の一面も。 将来は、田舎に広い庭のある小さなお家に住むぞ~!