仮想通貨取引所Huobi、ロシアで取引アプリをローンチ

Huobi(フォビ)がロシア向けモバイルアプリをリリース

仮想通貨取引所Huobi(フォビ)は、ロシア市場向けに仮想通貨取引、モバイルアプリをリリースしたことが発表した。これによりロシアのユーザーは、iOSおよびAndroidの両方でHuobiがリリースしたモバイルアプリにアクセス、取引が可能になる。

ロシアでは2021年1月1日から、国民が商品やサービスの支払い手段として仮想通貨の使用を許可しないと明記された仮想通貨取引と、マイニングに関する新たな規制を可決したばかりだ。ロシアの新法案は、仮想通貨に対する態度を取り巻く環境が微妙なものの、仮想通貨そのものに対しては“犯罪者”として描写されており、仮想通貨関連産業の中でブロックチェーンが一筋の光とみている動きがある。

Chainalysis Blogより画像引用

しかし、Huobiは、新しくなったより厳しい仮想通貨市場への規制にもかかわらず、依然としてロシアでの市場拡大計画に取り組んでいるようだ。仮想通貨の研究を手掛ける企業のチェイナリシス(Chainalysis)社の調査で示唆されているように、Huobiの拡大は、ロシアが東ヨーロッパでの仮想通貨の世界的な採用で2番目にランク付けされているという理由に起因する可能性があると指摘している。

この調査では、50億ドル(約5,273億円)を超える資金がHuobiから東ヨーロッパのセクターに送られていることも指摘しており、Huobiが送った資金の8%に相当する。これらの路線では、以下に示すように、東ヨーロッパに送られる資金の最大量は、仮想通貨取引所Binanceによって促進されている。

Chainalysis Blogより画像引用

Huara Groupのグローバルマーケット担当副社長であるシアラ・サン(Ciara Sun)氏は、ロシア市場への参入について次のように語っている。

Huobiがロシアで成長の機会を見た。ロシアの新しい仮想通貨規制についての最近の憶測にもかかわらず、私たちはこの市場に全力で取り組み、モバイルユーザーから仮想通貨を購入して取引するためのより直感的な方法をローカルユーザーに提供するために全力で取り組んでいます。

しかしサン氏は、ロシアが仮想通貨採用に関して地域をリードしていたとしても、国が主流の採用に到達するまでにはまだ長い道のりがあると付け加えている。また続けて、この取引所は全世界で1億世帯にデジタル資産を所有する権限を与える計画であり、取引所の市場拡大計画においてロシアが“とても重要な”役割を果たしていると述べた。

記事参照::ABC CRYPTO

ABOUTこの記事をかいた人

Rio(NEXT MONEY)

はじめまして!仮想通貨やブロックチェーンの国内外の仮想通貨や関連ニュースを通して、ためになる知識をどんどん吸収していきたいと猛勉強中!。 普段は鳥の声さえずる緑豊かな田舎で2児の子供とバタバタしながらの~んびり暮らす、スローライフに憧れるちょっぴりドジな母の一面も。 将来は、田舎に広い庭のある小さなお家に住むぞ~!