コインチェック、Enjinと連携で「マインクラフト」で利用可能なNFTの取扱いに動き出す

コインチェック、Enjinと連携で「マインクラフト」で利用可能なNFTの取扱いに動き出す

国内の大手仮想通貨取引所コインチェックは、NFTマーケットプレイス事業においてEnjin Pte Ltd.と提携を開始し、Enjinが提供するブロックチェーン資産発行ツール「Enjin Platform」を通じて発行された人気ゲームである「マインクラフト」で利用可能なNFTを、NFTマーケットプレイスにおいて2020年内にサービス提供開始を予定していると発表した。

NFT(ノン・ファンジブル・トークン)は、代替不可能なトークンでそれ自体が固有のトークンとして機能するトークンのことを指し、代替可能なビットコインなどとは性質が異なりコレクター要素が強い通貨である。NFTはブロックチェーン上に記録されており、特定の固定された値や情報を持った非代替性の権利証を示す。

発表によるとコインチェックは、2020年8月からNFTマーケットプレイス事業の検討を発表していたようであり、現時点でNFTマーケットプレイスへの参加企業を募集しているという。今年中にサービス開始を予定するコインチェックだが、NFTマーケットプレイスを展開する目的について、次のよう述べている。

暗号資産取引サービス「Coincheck」上に「NFTマーケットプレイス」を展開することで、お客様には、より手軽に・安全にお取引できる環境を。NFTを発行する企業などのマーケットプレイスに参加する企業には、登録ユーザー数208万超、アプリダウンロード数国内No.1の「Coincheck」のお客様へアプローチすることが可能となり、さらなるNFTの流通促進が期待できます。

Enjin Platformは、EthereumのERC-1155トークン規格を用いた、ブロックチェーン資産発行プラットフォームである。開発者はEnjin Platformを使用することで、単一のスマートコントラクトでファンジブルトークンや、NFTを発行することできる。またEnjinの提供するオープンソースのプラグインツール「EnjinCraft」をサーバーに導入することで、月間プレイヤー数1.2億、累計販売本数2億本を超える大人気ゲーム「マインクラフト」とブロックチェーンを連携することが可能だ。

コインチェックは国内のデジタル関連サービスの取り組みに積極的なプラットフォームである。コインチェックは最近、仮想通貨を使った資金調達の支援事業であるIEO(イニシャル・エクスチェンジ・オファリング)を始める予定であることを明らかにしている。

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。