GMOインターネット:日本円と連動のステーブルコイン「GYEN」の実証実験開始

GMOインターネット:日本円と連動のステーブルコイン「GYEN」の実証実験開始

GMOインターネットが12月23日、2020年上期の提供開始を見込む、日本円と連動したステーブルコイン「GMO japanese YEN」(GYEN)の実証実験を開始したと発表した。土台となるブロックチェーンの開発完了を受けてのフェーズという。「GYEN」は、同社の海外戦略ブランド「Z.com」を通じて発行する計画で、まずは海外で提供していく。

GMOインターネットグループは、すでにビットコインなどを取り扱う仮想通貨交換業(2017年5月開始)、ビットコインを採掘するマイニング事業(同年12月開始)、仮想通貨決済など、仮想通貨関連事業を展開。多岐に渡っており、今後の事業の中核として、2018年10月ごろからステーブルコインの発行準備をしていた。

GYENは、1円=1GYENと日本円に連動している設計。仮想通貨のようなボラティリティの高さがなく、法定通貨担保型のステーブルコインとして、日常での利用などを見込んでいる。送金手数料の安さや速さ、決済がスムーズに行える点など、ブロックチェーンを基盤とした仮想通貨の実用的な利点が引き継がれるのも特長だ。GMOインターネットグループは、証券業やFX業、銀行など各種金融業を営んでおり、信用性の高いステーブルコインを発行できるとされている。

GMOインターネットグループは、「GYEN」を通じて仮想通貨のボーダーレスな取引、フィンテック分野におけるブロックチェーン技術の活用を目指すとしている。

この記事のURLをコピーする