DeFi市場加熱で、5億ドル相当のビットコインがイーサリアムに移動=Messariレポート

MessariがDeFi向け5億ドルのBTCトークン化

5億ドル以上のBTCがトークン化され、MessariはビットコインをDeFiにもたらすプロジェクトが仮想通貨セクターのリーダーとして浮上するとみられる。

仮想通貨分析を手掛けるメサリ(Messari)社は、5億ドル相当のビットコイン(Bitcoin/BTC)が、DeFi(分散型金融)プロトコルで使用するため、イーサリアムネットワークでトークン化されていると推定されている。同社の最新のレポートによると、この数字がビットコインの2,160億ドルの時価総額のわずか0.3%であることを指摘している。つまり、ビットコインのイーサリアムへの移行を促進するプロジェクトには、大きな価値を獲得する十分な機会がある事を示唆している。

defi pulseより画像引用

DeFi Pulseによると、人気のビットコイントークン化プロトコルWrappedBTC(WBTC)とRenVMは、ロックされたファンドによる9番目と10番目に大きなDeFiプロジェクトであり、それぞれ4億6,800万ドルと2億3,240万ドルを記録していることがランきんぐからも見て取れる。

Renはこの1カ月で爆発的に使用されており、プロトコルに固定された資金の価値は8月の初めの40.9百万ドルからほぼ470%という飛躍的な増加を遂げ、WBTCは先月、2億7400万ドルの資本を吸収し、ロックされた資金の価値を157%増加させている。8月中、WBTCを介してトークン化されるビットコインの数は、新しいBTCがマイニングされるレートをわずかに超え、Defiスペースでのビットコインの急増する需要を示している。

Messariはレポートの調査結果をツイートし、Ren(renBTC)と並んでKeep Network(tBTC)にBTCをイーサリアムにもたらす主要プロジェクトとしてタグ付けした。

5月にKeepの信頼できないビットコイントークン化プロトコルtBTCに、コードの脆弱性が確認され、リリース後2日でプロジェクトがオフラインになるというアクシデントが発生した。その後、releaseKeepが含まれていることが投稿の返信で予期しないものとして示されるという経緯があった。ただし、tBTCは、セキュリティ監査とテストの追加ラウンドの後、tBTCの2番目のバージョンをリリースする予定で、6月以来、ステークドロップを介して作業トークンKEEPを配布している。

過去数カ月の間に、いくつかの小規模なプロジェクトもビットコインのトークン化スペースに入り、PieDAOのBTC ++プールは4月のローンチ以来58ビットコインを獲得しています。

ABOUTこの記事をかいた人

Rio(NEXT MONEY)

はじめまして!仮想通貨やブロックチェーンの国内外の仮想通貨や関連ニュースを通して、ためになる知識をどんどん吸収していきたいと猛勉強中!。 普段は鳥の声さえずる緑豊かな田舎で2児の子供とバタバタしながらの~んびり暮らす、スローライフに憧れるちょっぴりドジな母の一面も。 将来は、田舎に広い庭のある小さなお家に住むぞ~!