グレースケール、ビットコインは歴史的強気相場の波に乗っているのか

ビットコインは歴史的強気相場に乗るのか!?

仮想通貨投資商品の開発などを手掛けるグレースケール・インベストメンツ(Grayscale Investments)は、長期保有者(=投資ユーザー)が、短期の投機家よりもビットコイン市場をますます支配しており、供給に対する需要を牽引していると指摘している。

同社による新しいレポートには、現在のビットコイン(Bitcoin/BTC)市場構造が、2016年に見た歴史的な強気な値動きを始める前の2016年初頭の動きに似ていると主張している。同社は、インフレが加速するにつれ、ビットコインの需要は大幅に増加すると予測。その上で希少な通貨商品の必要性を強調しており、仮想通貨のユースケースを強化している。

レポートでは、仮想通貨取引所が保有しているビットコインの数が歴史的な低さの中で、短期的な推測よりも長期的な保有が増加していることに注目している。この増加は、仮想通貨への関心の高まりを示すいくつかのチェーン上の指標が見て取れると述べている。さらに、2017年の史上最高値以降、日々のアクティブアドレスが最高レベルにあることにも言及し、アメリカが金本位制を放棄したことから、金融政策を緩めることによって、債務を燃料とする資産バブルのサイクルとその後の積極的な量的緩和が生じたと主張している。

アメリカ経済の流れがとどまる量的緩和(金銭印刷)への依存度が高まっていることを指摘しており、一度量的緩和政策を展開すると、やめるのが難しい中毒のような状態に陥ると指摘している。

アメリカは他国通貨と比較してみても、構造的に強い“米ドル”が残っているにもかかわらず、同レポートは、「前例のない金融と財政の刺激」の中、インフレに警戒している投資家らは、拡大するマネーサプライから保護する方法を模索していると主張。その策の一つとしてビットコインに投資家の目が向けられていると述べている。

グレースケールは、ヘッジファンドマネージャーのポールチューダージョーンズ(Paul Tudor Jones)氏が、ビットコインの属性を現金、金、金融資産に対して評価し、市場の成長の可能性を判断するために使用するスコアリングシステムを引用している。

同氏は

意外だったのは、ビットコインが(引用したスコアリングシステムと)同じくらい高得点だったということです。ビットコインの総合スコアは金融のスコアの60%近くで、時価総額はその1/1200です。金の66%を価値の貯蔵所として記録したが、時価総額は金の未払価値の1/60です。何かがここで間違っているように見え、それがビットコインの価格だと思っている。

と、メディアのインタビューに対し、ジョーンズ氏は結論付けている。

ABOUTこの記事をかいた人

Rio(NEXT MONEY)

はじめまして!仮想通貨やブロックチェーンの国内外の仮想通貨や関連ニュースを通して、ためになる知識をどんどん吸収していきたいと猛勉強中!。 普段は鳥の声さえずる緑豊かな田舎で2児の子供とバタバタしながらの~んびり暮らす、スローライフに憧れるちょっぴりドジな母の一面も。 将来は、田舎に広い庭のある小さなお家に住むぞ~!