テザーは中国という巨大仮想通貨市場を牽引していく=Chainalysisレポート

テザーが中国巨大仮想通貨市場をけん引

世界最大の仮想通貨市場は依然として東アジアだが、ビットコインはすべての作業を行う通貨ではないとの新たな研究報告書が公表された。

東アジアは引き続き世界最大の暗号通貨市場ですが、業界を牽引しているのはビットコインだけではありません。ブロックチェーン分析会社のChainalysisが本日発表したレポートで、この地域でのステーブルコインの使用は実際には「チャートから外れている」ものだと指摘している。

「East Asia: Pro Traders and Stablecoins Drive World’s Biggest Cryptocurrency Market(東アジア:プロトレーダーとステーブルコインが世界最大の仮想通貨市場を牽引)」と題されたレポートは、チェーンで取引されるすべての価値の33%がステーブルコインであると主張している。テザー(Tether/USDT)が最大の貢献者であり、今年6月にビットコインを破り、東アジアに拠点を置くアドレスが最も多かった仮想通貨となった。

すべてのステーブルコインの中で、テザーは東アジアで群を抜いて最も人気があり、地域の住所によって転送されるすべてのステーブルコインの値の93%を占めている。これは、ビットコインへの対応に長い間苦労してきた中国政府が、人民元の仮想通貨への直接交換を禁止したためだ。テザーは、中国の仮想通貨ユーザーにとって、事実上の法定代理人になったとChainalysisは述べている。

また、テザーと中国元を一緒に購入することも禁止されているが、東アジアのユーザーは、外国に銀行口座を作成するなど、他の手段を通じて手に入れているという。分析調査会社が分析した結果、中国での海外取引活動( 2当事者間での非公式取引)が、今年初めにテザーの50億ドルの需要の急増を引き起こしたことを発見した。

Chainalysisによると、中国などの国では厳しい規則にもかかわらず、市場は依然として巨大であり、仮想通貨トレーダーは規則をかわしているようだと述べている。過去1年間で東アジアから他の地域のへ500億ドル以上が移動し、東アジア諸国と同じ規制のない西ヨーロッパでは、この数値は380億ドル強にとどまっていることから、いかに東アジアの取引が活発かがうがえる。

通常、中国は資本逃避に厳しく、市民は国外に5万ドル以下でのみ資産移動ができます。しかし、不動産への海外投資など、政府がルールを回避する人々を取り締まるのはテザーかもしれないと述べている。

ステーブルコインは、通貨の価値が固定されているため、キャピタルフライト(資産の国外逃避)に特に役立つ。ユーザーは、選択した固定の通貨と引き換えに大量に売り払うことになるため、買い手が求めるときに価値を失う可能性が低いため、安心できるとChainalysisは指摘している。

また、東アジアに拠点を置くアドレスが過去12カ月で1,070億ドル相当の仮想通貨を受け取ったと述べている。これは2番目に高い受信地域である西ヨーロッパより77%多い金額だからお驚きだ。レポートによると、東アジアは、ビットコイン専用のオンチェーン取引量の中でシェアが最も低く、取引量の51%にとどまっている。

ABOUTこの記事をかいた人

Rio(NEXT MONEY)

はじめまして!仮想通貨やブロックチェーンの国内外の仮想通貨や関連ニュースを通して、ためになる知識をどんどん吸収していきたいと猛勉強中!。 普段は鳥の声さえずる緑豊かな田舎で2児の子供とバタバタしながらの~んびり暮らす、スローライフに憧れるちょっぴりドジな母の一面も。 将来は、田舎に広い庭のある小さなお家に住むぞ~!