リップルが多機能プラットフォームペイバーナー(Payburner)β版をリリース

リップルの多機能プラットフォーム

Ripple(リップル)社の製品担当ディレクターのクレイグ・デウィット(Craig DeWitt)氏がツイッター上で、仮想通貨XRP(Ripple/XRP)を用いた多機能プラットフォームペイバーナー(Payburner)を発表した。

ペイバーナーは、ChromeおよびBraveのウエブブラウザ内でプラグインとして動作するように設計されており、非管理のXRPウォレットとして利用できる。現在、すでにFirefoxでの準備がととのえられており、同ブラウザからも利用できる予定だ。
現在、ベータ版のリリースが始まったばかりだが、ユーザーは世界中で瞬時に支払いを送受信できる。このベータ版は、銀行などのエンティティが使用する支払い識別子PayIDを統合することにより、以前のペイバーナープラグインに基づいて構築されているとのことだ。

デウィット(氏は、XRPを使用する開発者やスタートアップにツールと資金を提供するRippleプロジェクトXpringを活用した“成長するXRPエコシステム”の一例だ。ペイバーナーの使命は、ピアツーピアの支払いとeコマースから始まる優れたインターネットベースの支払い体験を提供することであるとメディアに語っている。

ペイバーナーの主な機能

拡大するネットワーク機能セットには、ブラウザープラグイン、PayID統合、暗号化されたピアツーピアメッセージングを使用した支払い要求、PayIDネットワーク検索、ワンクリックチェックアウトエクスペリエンスのための新しいeコマースフローが含まれている。

XRPの送受信
ブラウザ拡張機能&モバイルアプリとして活用できるペイバーナーは、XRPを管理するために必要なすべてのキーヴォールト(暗号化キー)、安全なログイン、トークンウォレットを完備。

ワンクリック支払い
支払はどのウエブサイトにも統合でき、ワンクリックで支払いができる。

ペイID
ペイバーナーアカウントは自動的にペイIDになり、XRPLメインネットをサポートするペイIDへXRPを送信できる。

支払い請求機能
他のペイバーナーユーザーに対して支払いリクエストができるようになっている。将来的には、このリクエスト機能を拡張して、ペイバーナーユーザーを超えてすべてのPayIDを含めるようにする計画だ。

現在、インターネットショッピングサイトなどを運営している場合、支払いボタンから簡単に支払いができ、登録手続きや銀行口座の登録が必要ない環境が提供される。

WooCommerceとWordpress統合を実施し、任意のWordpress搭載サイトに簡単に統合できるようになっており、今後さらに多くの統合が行われる予定だ。ワードプレスを使用したショッピングサイトを運営している個人事業主も多いため、この機能がより拡大することで、ネットショッピング時の決済方法も、より広がるとみられる。

なお、これらの支払いエクスペリエンスを作成、管理、およびWebサイトに追加する方法に関する詳細情報は、まもなく公開される予定とのこと。

ABOUTこの記事をかいた人

Rio(NEXT MONEY)

はじめまして!仮想通貨やブロックチェーンの国内外の仮想通貨や関連ニュースを通して、ためになる知識をどんどん吸収していきたいと猛勉強中!。 普段は鳥の声さえずる緑豊かな田舎で2児の子供とバタバタしながらの~んびり暮らす、スローライフに憧れるちょっぴりドジな母の一面も。 将来は、田舎に広い庭のある小さなお家に住むぞ~!