14億ドル以上のマネーロンダリングされた資金が、仮想通貨取引所に移動

14億ドル以上のマネーロンダリングされた資金が、仮想通貨取引所に移動

ブロックチェーン関連のセキュリティ企業Peckshieldのレポートによると、2020年に14億ドル以上ものマネーロンダリングされた資金が仮想通貨取引所に移動していることをが報告された。これらのマネーロンダリングされた資金は上位のトップ10の仮想通貨取引所に移動しているという。

報告されたレポートによると、オンライン及びオフラインの両方で1年以上かけてデータを収集し、そのデータを分析。1億を超えるトランザクションアドレスを特定することに成功した。また仮想通貨取引所で5000万を超えるウォレットアドレスにラベルを付けることも可能だという。

ペックシールドレポート 

Peckshield Report より画像引用

またPeckshieldは、CoinHolmesと呼ばれるデジタルアセットトラッキングプラットフォームを活用して、2020年、約147,000BTC(約14億ドル相当)が仮想通貨取引所に移動した。これらのマネーロンダリングによって移動した資産は、ハッカー攻撃、ダークウェブ、不正なギャンブルなどに関連しており、ハッキングされた資金のほとんどは、主要な仮想通貨取引所移動していることを報告している。

「盗まれた金額が最も多い取引所をランク付けしたところ、上位10の取引所は、Huobi、Binance、Okex、ZB Gate.io、Bitmex、Luno、HaoBTC、Bithum、およびCoinbaseでした。」

しかしPeckshieldは、監視の対象となっている仮想通貨アドレスの一部は、資金を暗号化ミキサーへと移動させているため、追跡を続けることが困難であるという。同レポートでは、「2020年6月30日の時点で、リスクの高いアドレスを監視しており、そのうちの16.2億ドルがブラックリストのアドレスに流入し、159億ドルが混合通貨サービスプロバイダーに流入しました。」と強調している。

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。