リミックスポイント、仮想通貨流出を受けて36億円の特別損失を計上

リミックスポイント、仮想通貨流出を受けて36億円の特別損失を計上

30億円相当の仮想通貨の不正流出が発生したビットポイントジャパンを子会社に持つリミックスポイントが7月24日、2019年7~9月期に36億円の特別損失が発生する見込みだと発表した。

併せて、リミックスポイントはビットポイントジャパンが実施した第三者割当増資を全額引き受けると発表。第三者割当で新株式を発行して調達した資金4億9400万円を、同社手許資金600万円とともに同社に対する増資に充てる。増資後のビットポイントジャパンの資本金は35億2000万円となる。

なお、資金調達の使途については、当初の「仮想通貨交換業の資金決済円滑化」から「不正流出を受けた諸施策の実施」に変更した。

24日の発表によると、リミックスポイントは不正防止に向けた原因究明の一環として、コンピューターやデジタル記録媒体に残された証拠の調査・収集を行うフォレンジックや各種のログ解析・分析などの調査を実施中。今後の被害拡大策については、仮想通貨のウォレットシステムやシステムリスクを含む経営管理態勢の見直しを早急に行うとしている。

ABOUTこの記事をかいた人

わたぼう

1990年生まれ。地方新聞社で新聞、経済雑誌記者として5年勤務した後、仮想通貨に魅せられ、仮想通貨記者に転身。各メディアで仮想通貨関連の記事配信を手掛ける。