仮想通貨取引所は手数料競争の長期計画で、より低い取引手数料へ

仮想通貨取引所の手数料の価格競争

仮想通貨取引所は、市場における仮想通貨の価格に関係なく、取引所はユーザーが支払う取引手数料から収益を得ている。取引所が提供する取引手数料には取引所間で価格の低下競争が生じており、ユーザーへの手数料が低いことが取引の一般的なトリックであることは多くのユーザーも知るところだ。

しかし、おなじ仮想通貨取引所でも、CoinbaseとBitstampは、市場で高い注目を得ている取引所であるにもかかわらず、他の取引所とは異なり、取引手数料の価格の低下競争に参加していない。代わりに、新規顧客のために高レートによる仮想通貨取引を提供している。


Arcane Research「The State of Crypto Trading Fees」より画像引用

Arcane社の調査報告書によると、月額10,000ドル未満で取引されているトレーダーのテイカー手数料は、Coinbase ProとBitstampの方がBinanceの5倍で提供されている。

規制や実績、セキュリティ、および法定預金の直接サポートなどを含め、これらの手数料が仮想通貨取引きの場で異なっている理由には多くの理由がある。

注目したいのは、Geminiのような他と競合する取引所では、過去1年間で手数料を削減しており、テイカーとメイカーの手数料をそれぞれ1%から0.35%と0.25%に減らしている。Coinbase ProとBitstampでは、テイカーとメイカーの料金を2倍にし、00.15%から0.5%に設定されている。これらのレートは、小規模トレーダーにとって取引所を選ぶ好材料にもつながっている。

このような取引所は短期的には価格競争という点で乗り切ることができるかもしないが、長期的には、いくつかの「評判リスク」が伴うと感がられると報告書では指摘している。

ABOUTこの記事をかいた人

Rio(NEXT MONEY)

はじめまして!仮想通貨やブロックチェーンの国内外の仮想通貨や関連ニュースを通して、ためになる知識をどんどん吸収していきたいと猛勉強中!。 普段は鳥の声さえずる緑豊かな田舎で2児の子供とバタバタしながらの~んびり暮らす、スローライフに憧れるちょっぴりドジな母の一面も。 将来は、田舎に広い庭のある小さなお家に住むぞ~!