オプション取引提供Sparrow、資金調達シリーズAで350万ドルを調達=BitMEX主導

オプション取引提供Sparrow、資金調達シリーズAで350万ドルを調達=BitMEX主導

シンガポールに拠点を構えるビットコインとイーサリアムのオプション取引プラットフォームSparrow Exchangeが、シリーズAの資金調達で350万ドルを調達したと発表した。

この資金調達は、仮想通貨取引所BitMEXの運営元HDRグループが主導し、ブロックチェーン取扱い企業へコンサルタントサービスを提供するSignum Capital、投資会社のDu CapitalFinLab EOS VCが参加。集められた資金は、Sparrowのプラットフォーム開発を加速させるために資金調達を実行。新製品や新サービスの立ち上げに使用されるという。

今月初めiOSに最適化されたモバイルインターフェースが導入され、他のリリースも間もなく登場する予定で、これらにも同資金が使用されるという。Sparrowは1年前のローンチ以降、オプション取引量は1億5,000万ドルを超える人気取引所に一気に躍り出ている。

シンガポールを拠点とするSparrow Exchangeは、ビットコインとイーサリアム(ETH)オプションを提供しており、スマートコントラクトを介して決済され、店頭(OTC)オプションより流動的であり、取引所取引オプションよりカスタマイズ可能だとしている。なお、Sparrow Exchangeではオンチェーン決済レイヤーにブロックチェーンプロトコルEOSIOを採用している。

Sparrow Exchangeの資金調達シリーズAは、暗号化デリバティブ市場が急成長する中で登場。The Block Researchが報告したように、ビットコイン先物市場とオプション市場の両方がビットコインスポット市場よりも速く成長している。

急速に成長するオプション市場

先月、ビットコイン先物は5,580億ドルの取引量を記録している。しかし、ビットコインオプションは31億ドル相当の取引を記録。オプション市場は、先物市場とスポット市場の両方に比べる小さな規模といえるが、急速に成長している。

Sparrow Exchange CEOのケネス・ヨー(Kenneth Yeo)氏は、この取引所は今年の初めと比べると点在は3倍の取引量へと成長した。昨年6月の発売以来、1億5,000万ドルを超える取引量を記録していると述べています。

BitMEXのCEOであるアーサー・ヘイズ(Arthur Hayes)氏は、暗号オプション分野は大幅な成長を見せており、「未開発の機会がたくさんある」と語っています。特に、BitMEX自体は暗号オプション取引を提供していない。ヘイズ氏は今年初め、暗号のボラティリティは「非常に高い」と述べ、ボラティリティが高いほど、コールまたはプットのオプションはより高価になると語った。

ABOUTこの記事をかいた人

Rio(NEXT MONEY)

はじめまして!仮想通貨やブロックチェーンの国内外の仮想通貨や関連ニュースを通して、ためになる知識をどんどん吸収していきたいと猛勉強中!。 普段は鳥の声さえずる緑豊かな田舎で2児の子供とバタバタしながらの~んびり暮らす、スローライフに憧れるちょっぴりドジな母の一面も。 将来は、田舎に広い庭のある小さなお家に住むぞ~!