コインチェック、仮想通貨QTUMを上場

コインチェック、仮想通貨QTUMを上場

国内大手の仮想通貨取引所コインチェックは6日、仮想通貨Qtum(QTUM)を2020年3月12日より取り扱い開始することを発表した。コインチェックの発表によると、仮想通貨Qtumの取り扱いは、国内の仮想通貨取引所において初となる予定だという。また今回の発表により、コインチェックの取り扱い通貨は計12種類となる。

仮想通貨Qtumは、同プラットフォームのウェブ版およびコインチェックアプリにおける送金・受取・購入・売却はもちろん、コインチェック貸仮想通貨(WEB)で取り扱われる。また新サービスとして発表されているステーキングサービスの対応通貨となる可能性も非常に高い。

コインチェックによる国内初の仮想通貨上場は、初の事例ではない。同社は2019年11月、仮想通貨ステラ / ルーメン(XLM)を追加。国内の取引所が積極的に新規通貨を上場することがなかった状況を一変させた。

仮想通貨Qtumは、2016年の3月にプロジェクトを開始、2017年の3月にICO、10月にメインネットを立ち上げて独立したブロックチェーントークンである。またビットコインとイーサリアムの利点を併せ持った、ビジネス志向の次世代トークンとして注目を集めている。

クアンタム(Qtum/QTUM)の特徴・詳細とは?

2018.11.26

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。