楽天ポイント、仮想通貨へ交換可能に

楽天ポイント、仮想通貨へ交換可能に

楽天グループの連結子会社として仮想通貨取引所を運営する楽天ウォレット株式会社は24日、本日より仮想通貨の現物取引サービスである「楽天ウォレット」のアプリにて、楽天グループが提供するポイントプログラム「楽天スーパーポイント」を仮想通貨へ交換できるサービスを開始した。

楽天ポイントを仮想通貨へ交換できるサービスの展開により、楽天ウォレットにて取り扱われる仮想通貨であるビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、ビットコインキャッシュ(BCH)へ交換することが可能となった。また、同交換サービスを使用できるユーザーは、楽天ウォレット(仮想通貨取引所)にて口座を保有し、楽天グループが提供する楽天ポイントを保有しているユーザーとなる。

楽天ポイントを仮想通貨へ交換

楽天ポイントは100ポイント以上から交換が可能。ユーザーは、楽天ウォレットのアプリにログイン後、「ポイント交換」を選択。交換したい仮想通貨を選択して、交換数量を入力することで交換が可能となる。交換レートについては、楽天ポイント「1ポイント1円相当」で交換ができる。

今回の新サービスについて同社は、楽天会員のさらなる利便向上を図ると説明している。

「楽天ウォレットは、本サービスを開始することで、これまで暗号資産取引に興味はあるがお取引をされたことがない方など、より多くのお客様が暗号資産でより気軽に資産運用を始める機会が広がることを期待しています。また、楽天グループにおける「楽天ポイント」活用の幅を広げ、楽天会員のさらなる利便性向上を図ります。」

また、仮想通貨から楽天ポイントへの交換はできず、1回あたりの交換上限と1カ月あたりの交換上限が、会員ランクによって分けられているためユーザーの注意が必要だ。

1回あたりの交換上限

  • ダイヤモンド会員 50,000ポイント
  • ダイヤモンド会員以外 30,000ポイント

1カ月あたりの交換上限

  • ダイヤモンド会員:500,000ポイント
  • ダイヤモンド会員以外 100,000ポイント

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。