中国人民銀行、「中国デジタル通貨は、ビットコインやステーブルコインとは異なる」

中国人民銀行、「中国デジタル通貨は、ビットコインやステーブルコインとは異なる」

中国人民銀行(PBoC)の決済局事務次官である穆長春氏は、中国が構想する独自デジタル通貨について、「ビットコインやステーブルコインとは異なる」と発言したことが、South China Morning Postで報じられた。

報道による内容は、デジタル通貨については投機目的の通貨ではなく、単に現在発行されている人民元のデジタル版であることを強調している。

「通貨は投機用ではありません。これは、投機のために使用することができ、通貨バスケットのサポートが必要なビットコインやステーブルコインと異なる。」

急激なスピードで進むデジタル通貨の計画

中国のデジタル通貨は、明確な時期こそ公表されていないが、実用段階にある。中国人民銀行は今年11月、同国の異なる3つの地域にて大量の現金入出金制限に関する規制を試験的に実施することが、報じられた。

その際には、近年の中国ビジネスが急成長してるなか、流通している現金の総量は安定しており、大量の現金での取引が増加の傾向にあると説明。また、現金の流通が重要なチャネルになっている反面、大規模な現金取引が特定の分野や、人物に集中していることを危惧していると説明された。

実用的な段階に到達している中国デジタル通貨の公開は、驚異的なスピード感で計画が進められており、初の政府主導のデジタル通貨となる可能性が非常に高い。

中国人民銀行、現金の“入出金を制限するため”3地域で試験実施

2019.11.15

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。