SBI子会社マネータップ、PayPayと業務提携 |リップル社の技術活用

SBI子会社マネータップ、PayPayと業務提携 |リップル社の技術活用

SBIホールディングスの子会社であり、次世代金融インフラを提供するマネータップ社は30日、PayPay株式会社と業務提携を発表した。今回の提携では、米リップル社の分散型台帳技術「xCurrent」を搭載し、次世代金融プラットフォーム「RCクラウド2.0」を活用したスマートフォン向け送金アプリケーション「マネータップ」を活用したチャージ事業を展開する目的があるという。

また、ユーザーが銀行口座からPayPayへと残高をチャージする際、マネータップ社が提供するMoney Tapインフラを経由することで、CAFIS(クレジットカードを中心とした共同利用型のオンラインシステム)を介さず、銀行口座からの直接的なチャージが可能になる。この直接的なチャージの利用や、Money TapとAPI接続する金融機関の今後について、次のように述べている。

「これによって、PayPay社における個々の金融機関との接続負担軽減、および金融機関における既存インフラと比べた低コストでの事業者接続を実現いたします。Money TapとAPI接続する金融機関は、既にサービス展開している個人間送金サービス、および年内の本格展開を予定している店頭決済サービスに加え、他の決済事業者へのチャージ型サービスを展開することが可能となります。」

さらに発表では、マネータップ社は複数の事業者らと「連携」や「新サービスの提供」を企画、検討しており、今後、PayPayと接続する企業などは、低コストで拡張性のあるMoney Tapを介した接続となるようだ。

SBIホールディングスは先月、マネータップ社へ新たに仙台銀行や栃木銀行など5行が株主として出資することを発表。その際の発表で出資参加銀行は計25行となっている。

この記事のURLをコピーする

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。