ドイツ大手銀行、「2020年にビットコイン価格は90,000ドルまで上昇する」

ドイツ大手銀行、「2020年にビットコイン価格は90,000ドルまで上昇する」

ドイツの大手銀行の1つであるバイエルンLBは、ビットコインが金に取って代わることを強力にサポートするレポートを発行し、「2020年にビットコインの半減期後、BTC価格は90,000ドルになる」と予測している。

今回のコメントは、「ビットコインは金に勝っているか?」と題されたレポートの中で、銀行の研究者らは、特に資産価値に対する供給の減少の影響に関して、金とビットコインのストック対フロー比を掘り下げている。

ストック対フロー(SF)比率は、金や銀などの商品内で一般的に使用される分析方法であり、循環供給に基づいて資産の不足を確認するため基本的に、資産のSFが高いほど、価値が高いと見なされる。レポートでは、この分析をビットコインに適用すると、市場価格とそのSFの間に「強い相関関係」が現れると述べている。これは、ビットコイン指標の作成者であるサイフェデアン・アムマウス氏や、ビットコインのストック/フロー比に関するさまざまな仮想通貨支持者の分析を再確認するものである。

金(GOLD)の長期的需要の要因

またレポートによると、金がこれほど長い間需要が高かった理由の1つは、その希少性によるものである。 ビットコインのように、金は気まぐれに量を増やすことはできず、さらに、金の年間生産量は比較的限られており、すでに実質的な供給基盤がある。これらの2つの属性により、金は希釈されにくく、現在のすべての商品の中で最も高いSF値が得られている。

そこで金とビットコインとの関係性に目を向けた時に、注目すべき点は2020年のビットコインの半減期になる。

注目はビットコインの半減期

ビットコインを作成する際、中本氏は、その循環供給が制限され、インフレが抑制されていることを保証するために準金融政策を課した。 この方法は、すべてのブロックがマイニングされるまで、およそ4年ごとに、マイニングされた210,000ブロックごとにマイニング報酬の半減が行われるものである。

次のブロック報酬の半減は2020年5月頃を予定しており、その後、ビットコインの年間供給量は半分に減少し、マイニングされたブロックあたり6.25 BTCしか発生しないことになる。

これは本質的に、ビットコインのSFを2倍にするのと同じ影響を及ぼすため、研究者たちは中本の半減期の実装を「天才の一撃」と呼んでいる。

ビットコイン(BTC)の「半減期」とは?|2020年に到来した後、ビットコインは上昇するのか?

2019.05.14
この記事のURLをコピーする