仮想通貨ビットコインの暴落要因か=BitMEXで1億5460万ドル相当のロングポジションが清算される

仮想通貨ビットコインの暴落要因か=BitMEXで1億5460万ドル相当のロングポジションが清算される

ビットコイン(BTC)は現在、短期的で急激な価格暴落を記録し、BTC価格は心理的トレンドラインである10,000ドルをしたわまった。本日19日の24時間で3.36%の下落率を記録している。

そして本日のビットコインの暴落要因として噂されているのが、世界最大級のデリバティブ取引所であるBitMEX(ビットメックス)によるロングポジションの清算である。Twitterのフォロワー数が12万人を誇るJosh Olszewicz(@CarpeNoctom)はツイートにて、「1億5460万ドル相当のロングポジションが失われた」ことを報告している。

このように仮想通貨分析サイトのSkew Marketsのデータを引用し、BTCが崩壊した1時間で、BitMEXプラットフォームによって少なくとも1億5460万ドル相当のロングポジションが失われたことを示している。

仮想通貨ビットコイン、心理トレンド“10,00ドル”を下回る

2019.09.19

BitMEXアーサー・ヘイズCEO、「ビットコインは2万ドルに備える」

さらに同日、BitMEXのCEOアーサー・ヘイズ氏がツイッターで「QE4が再開されるだろう。連邦準備制度理事会(FRB)の緊急処置によってビットコインが2万ドルに達する準備をしてください」とビットコインを買い煽るようなツイートをしており、これが偶然か必然か話題となっている状況だ。

BitMEXアーサー・ヘイズCEO、「ビットコインは2万ドルに備える」

2019.09.19

今年7月にもBitMEXにて同様の現象が発生しており、その際には1億ドル以上のロングポジションの清算され、10,000ドルから9,400ドルまで下落。6.5%の下落率を記録している。

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。