「仮想通貨は止まらない。ビットコインは10万ドルに達する」=カルダノの創設者が言及

「仮想通貨は止まらない。ビットコインは10万ドルに達する」=カルダノの創設者が言及

ビットコインの価格下落が続く中、仮想通貨カルダノエイダコイン(ADA)の開発者であるチャールズ・ホスキンソン氏は、「ビットコインは10万ドルに達する」と大胆予想した。ホスキンソン氏は、11月22日にビットコインが7000ドルを下回ったことを受けてTwitterを更新。Twitter上で、次のように述べている。

「ビットコインの価格が下がる?みんな覚えておいてほしい。FUD(ニュースメディア)のニュース報道や情報操作が過ぎ去った後、私たちは、仮想通貨の世界が変わって行く地球規模のムーブメントを体験する。ビットコインは1万ドルに到達し、10万ドルを歓迎するだろう。仮想通貨は止まらない。仮想通貨は未来そのものだ。」

ビットコインの価格は同22日の夕方ごろから大幅に下落しており、一時的に1BTC=74万円付近まで下落。今年5月ごろからサポートラインとなっていた80万円を抜け、ビットコインの将来を憂う悲観論が各メディアで報じられていた。そうした中で、ホスキンソン氏がTwitterで述べた発言は、悲観論に対する反発であるとみられる。一方で、いつ1万ドルや10万ドルに戻るかは明言していない。

カルダノ/エイダ(Cardano/ADA)の特徴・詳細とは?

2018.12.04

カルダノCEOによるビットコイン価格の予想

ホスキンソン氏は今年1月、2017年につけたビットコイン最高値を回復するには10年以上かかると予想。2000年代から2010年代前半にかけて、急進的に成長したインターネット小売り大手のアマゾンと比較し、「仮想通貨業界も似たような成長パターンを辿るだろう」と述べていた。

仮想通貨の下落傾向は続いているが、ホスキンソン氏は最近行われたAMA(Ask Me Anything)の中で、「カルダノプロジェクトの開発は順調に進んでいる」と説明。カルダノプロジェクトにおける5つ目の開発段階である「VOLTAIRE(ボルテール)」が2020年末までには公開される可能性があると予想している。

カルダノプロジェクトは全ての機能を正式に実装するまでに時間がかかっているものの、これらのプロセスが完了すればブロックチェーン業界でも有数の優れたブロックチェーンになると期待されている。ブロックチェーンの開発進展に伴い、ADAの価格回復も訪れる可能性があるだろう。

この記事のURLをコピーする