EU傘下の欧州投資ファンド、AI・ブロックチェーンのイニシアチブに4億ユーロを投資

EU傘下の欧州投資ファンド、AI・ブロックチェーンのイニシアチブに4億ユーロを投資

欧州連合(EU)傘下の投資ファンド・欧州投資基金(EIF)は、ヨーロッパで人工知能(AI)とブロックチェーンに対して投資する新しい取り組みを開始した。11月20日のブログプラットフォーム「Medium」で発表された内容は、次の通りとなっている。

「AIおよびブロックチェーンの製品とサービスをサポートするベンチャーキャピタル基金、またはその他の投資家が1億ユーロを利用できるようにする専用の投資スキーム(仕組み)を開始する。これらは土台となる投資であり、他の民間投資家からAIとブロックチェーンに対する合計3億ユーロの投資が発生すると予想されている。」

このプロジェクトは、新しい着想や技術などが実現可能かどうかを調べる概念実証段階を超えた開発に焦点を合わせる。

開発ではなく研究に重点を置いた投資

EIFによれば、西ヨーロッパでは2019年にブロックチェーン技術に6億7400万ドルを費やすと予想され、投資支出が世界で2番目に高い地域となっている。このでデータによると、米国(11億ドル)に遅れを取るものの、中国(3億1900万ドル)を上回っている。このため、ブロックチェーン企業の多くが投資が豊富な米国に移転してしまうことをEIFは懸念している。

「ビジネスを成長させたいと考えている開発者や起業家は、最終的に米国で融資を受け、米企業で働き、これらのテクノロジーが(欧州以外の)他の地域で雇用機会と経済成長をもたらしてしまう。

ヨーロッパで技術革新を促す新しい基金

ベンチャキャピタルファンドが、ヨーロッパのブロックチェーン関連企業に投資するケースはほとんどない。最終的には、多くの起業家が米国の資金を受け取るためだ。上記で述べたように、ブロックチェーンの技術者が米国に移住し、開発のための機会を得ている。

EIFが整えた新たな投資スキームは2020年から、AIとブロックチェーン基盤の製品とサービスを支援するため、1億ユーロを開発者などが利用できるようにする。さらに、国内銀行と共同投資を実施し、利用可能な資本をさらに増やす見込みだ。

今回の投資スキームとの因果関係は不明だが、欧州連合は欧州中央銀行に対し、デジタル通貨の発行を検討するよう求める方針を明らかにしている。

この記事のURLをコピーする