仮想通貨ビットコイン、心理トレンド“10,00ドル”を下回る

仮想通貨ビットコイン、心理トレンド“10,00ドル”を下回る

仮想通貨の代名詞であるビットコイン(BTC)が、連日の急激な下落によって心理的トレンドラインである10,000ドルを下回った。好調と思われていた8月までの価格推移から一転、本日19日の24時間で3.36%の下落率を記録している状況だ。

https://jp.tradingview.com/より画像引用

ビットコインに関連するマイナスのファンダメンタルとしては、VanEckとSolidXのビットコインETFは「SolidX Bitcoin Shares」が取り下げられてたことが明らかになっているが、他のアルトコインの好調を見ると、これらのファンダメンタルが影響していないことが分かる。

最注目のVanEckビットコインETFが、申請を取り下げ|残すビットコインETFは2つのみ

2019.09.18

BTCドミナンスの低下

仮想通貨の占有率を示す「ドミナンス」を見ると、BTCドミナンスがピークは9月初め、70%を超える占有率を記録していたものの、そこからなだらかに下落。現時点でBTCドミナンスは67.64%まで下落している状況だ。

CoinMarketCapより画像引用

それに対して主要アルトコインであるイーサリアム(ETH)やリップル(XRP)、ビットコインキャッシュ(BCH)などのドミナンスは上昇。それに伴い価格も上昇している。

また大規模なアドレスを追跡するるTwitterアカウント「whale alert」の報告でも、ビットコインに関する不審な動きは報告されておらず、投資家やユーザーらによる資金移動がビットコインが離れが要因と予想される。

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。